お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

薩摩絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

薩摩絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、薩摩絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

薩摩絣について

薩摩絣は絣の中で最も上質とされています。薩摩の名がありますが、現在生産されているのは宮崎県都城市で、東郷織物工場が唯一の織元となっています。

薩摩絣の前身は琉球や奄美大島などで生産されていた麻や上布をも含む織物であり、後に薩摩藩への献上品として扱われた為薩摩の呼び名を使用した事が元になりました。

流行する大島紬などに押されて衰退する地方の織物が続出していた頃、昭和22年に米軍領の奄美大島から宮崎県へと拠点を移した東郷治秋が作った、東郷織物工場で生産している木綿の織物の事です。

製造工程は大島紬とほとんど同じで、木綿着物でも手の込んだ繊細で高級な仕上がりが特徴です。

究極の上質さは、着物好きが最後に到達するとして有名です。

作品の魅力

薩摩絣の由来と特徴は

文化的にもつながりが深い琉球、奄美大島、そして薩摩藩は、人材や特産物の行き来が多かった事もあり、薩摩絣はそのつながりが感じられる高級な木綿織物の着物です。

唯一の織元である宮崎県の東郷織物工場は、創設者の東郷治秋と、娘婿の永江明夫が昭和22年に共同で設立したものです。

木綿着物を上質な高級感ある着物として仕上げる事を目的として、15年の歳月を経て完成させたのが薩摩絣です。

他の絣と異なる点は、十字を基本とした柄が織り込まれている事です。

紺地に白の柄を紺薩摩、白生地の物を白薩摩と言い、多くの着物好きからその風合いの良さが支持されています。

買取でもこの特徴が把握できれば、評価が高くなる傾向があります。

現代の名工・永江明夫が作り出す薩摩絣

薩摩絣の唯一の織元である宮崎県の東郷織物工場の創立者、東郷治秋の娘婿、永江明夫は、そのデザインの斬新さと類まれな技術により、優れた薩摩絣を誕生させました。

その芸術的センスは、小説家で詩人の武者小路実篤が永江明夫の作った着物に感激して贈った言葉、薩摩絣 手織絣 誠実無比、この商標の言葉に集約されています。

多くの斬新な柄はその伝統から離れる事無く融合され、一層その美しさを際立たせる役割を果たし、従来からの支持者に加えて多くのファンを獲得、品質の高さを維持する為の努力で、現在でも高い評価が得られています。

着物の買取においてもその存在は唯一無二の物となっていて、高い評価額となる事も多くなっています。

買いやすい高級着物・薩摩絣

木綿の着物の着やすさを、心地よさをもっと上質な着物として作りたい、創立者はこの絣の技術を残す事を考えていました。

第二次大戦の疎開先となった宮崎県を拠点に選び、気軽に着られて上質な着物作りを娘婿の永江明夫と共に尽力し、伝統に加えたデザイン性のある地域ブランドとして確立しました。

絹織物と異なり肌合いが柔らかく、着た時にふんわりとした質感が楽しめるのが最大の特徴で、木綿の着物の評価を高めた事で、現在でも着物好きな人たちからの絶大な支持を集めています。

着物の買取を考える場合は、このような繊細な工程で製作される希少な着物と、単なる木綿着物との違いがわかる買取業者をきちんと選ぶ事が重要となります。

作品の使い方・着こなし

着る姿が上品に見えて、着ていて心地よい着物をさりげなく着こなす事が、着物好きにとっての憧れです。

たとえ現代の名工と呼ばれている作家の着物であっても同じように着心地が良い事が一番大事なポイントです。

着こなしでは、その上質な雰囲気を壊す事が無いように、品格がある帯などでまとめる事が理想的です。

着物買取でも、自分が理想と考える着こなしを先に絞り込んだうえで入手するほうが、より自分の好みに合った着物を探し出す事が可能になります。

また、長く着られる着物なので、時間をかけて自分の好みを選ぶ事が重要で、織りや柄の微妙な違いを生かし、帯などと組み合わせた着こなしを楽しむのも人気です。

気軽な知人同士の集まりなど、存分に存在感が発揮できます。

薩摩絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物