お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

大島紬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

大島紬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、大島紬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

大島紬について

名前の通りと言うか、大島と言えば 「伊豆大島」と「奄美大島」を思い浮かべる人が多い事かと思いますが、着物の世界での大島と言えば「奄美大島」です。
鹿児島県の奄美大島で織られている紬です。
近年、奄美大島だけではなく、第二次世界大戦中に鹿児島県本土や宮崎県に疎開した人たちが織り始めたこともあって、最近はそちらの産地のものも大島紬とされています。
大島紬の起こりはよく分かっていませんが、もともと薩摩藩の特産品として幕府などに収めていた年貢と言っても良いのではないでしょうか。
島の人たちは大島紬を自分たちで織りながらも、着ることは許されなかったと言います。
厳しい事でしょうが、それくらい高級品として扱われたということでしょう。

作品の魅力

なんと言ってもその光沢と軽さ

大島紬の特徴と言えば、その光沢と軽さです。
光沢は染める材料である車輪梅と泥で出ると言います。織る糸が細いのでとても軽いのです。結城紬とは違った軽さです。結城紬は紬糸を使っているのでふんわり暖かく軽いのですが、大島紬は今では紬糸を使っていません。撚りをかけた生糸を使っていますので厳密には「紬」ではないのですが、「大島紬」の方が通りがいいので現在でもその呼び名を使っているそうです。
紬糸を使っていなくとも、その特徴は明らかなのですから、昔ながらの名前でいいと思います。
紬糸を使用していないので間違われやすいかもしれません。見極めなどは専門の買取評者に依頼されることをお勧めいたします。

大変な作業工程から作られます

大島紬は大変な時間と工程を経て作られます。
糸を作る人、絣の糸を作る人、染める人、織る人、模様をデザインする人など、その一つ一つの工程に職人さんがいらっしゃいます。
「大島紬に作家はいない」と言われています。それぞれの工程で、それぞれの達人はいらっしゃいますが、すべての工程を1人でなさっているわけではありませんのでそういうわけです。素敵な言葉ですね。
完全分業制であるという点では京友禅にも通じるものがあると思います。

絣などにもいろいろ手法があります。マルキなど専用の単位もありますので、やはり、着物専用の信頼のおける買取業者にお願いしましょう。そういった買取業者でしたら適正な判断をしてくださると思います。

訪問着もありますがあくまで普段着

最近では紬の訪問着が作られています。価格的には有名な紬の方が高価なことがありますが、あくまでも紬ですので、「式」の名のつく場所に着て行かれることはお勧めできません。
ご自身で楽しまれる街着や、観劇などにはぜひ着用されてください。
また訪問着ではありませんが、後染めの小紋もあります。気軽に着用できる着物ではないでしょうか。
薄くて丈夫な織物ですから、非常に軽いです。
縮緬に慣れた人には感動を覚えるくらいの軽さです。
素晴らしい織物の着物であることには変わりません。マナーやルールを守っていただければとても楽しむことができる着物です。
気軽に楽しめるとは言えないお値段かも知れませんが、買取には有利かもしれません。

作品の使い方・着こなし

比較的見極めのしやすい着物、織物だとは思いますが、爆発的な人気が起こり、一時期韓国で作られていたそうです。東京の武蔵村山市で織られた「村山大島」というのもあります。
村山大島は全くの別物と言ってもいいくらいのものになっていますが(作られる技法が違いますし染料も違います)、韓国産のものはものによっては比較が難しいと言われています。
それでも、日本の物には日本の良さがあると言います。日本の衣服は日本で発達し評価され着続けられてきたのですから。
買取をお考えなら、しっかりした目を持たれている専門の買取業者にお願いした方がよいでしょう。
素晴らしい日本の織物です。正当に評価してくださることがいちばんではないでしょうか。

大島紬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物