お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

島原木綿のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

島原木綿の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、島原木綿の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

島原木綿について

江戸から昭和初期まで、長崎県の島原市では農閑期や漁に出られない日は、家族総出で機織をしていました。男手から娘さんまで、それぞれの役割を持ち、織り上げていたのが島原木綿です。目をぎゅっと詰めた厚手の織りは、他の反物より丈夫で、地元で作業着として着られるほか、藩主への献上品でもありました。
凝った柄はなく、単純な藍染糸の美しい色合いが生かされており、九州一円はもとより、関西、朝鮮へも輸出されていたものです。
機織の近代化、戦中の糸不足や金属の強制供出により、一度は途絶えた島原木綿。それをよみがえらせることができたのは、昔の道具を大切に保管していた地元の町民たちの、消し去れない豊かな思い出があったからなのかも知れません。

作品の魅力

三会・大三東・湯江地区から

歴史をひも解くと、1612年までさかのぼります。大三東のお寺への献上品として、島原木綿の記録が残ります。農業、漁業の村々では、主に女性の手によって副業としての機織が行われてきました。一家の大事な収入源としての機織は、時に男性にも手がけられ、守り引き継がれて行ったものです。
漁を行う場合、海風から体を守る必要があるため、その地域では目が詰まるなどの対策を施した反物を作るのでしょうか。島原木綿も1反織り上げるのには3ヶ月もかかるそうです。
農、漁業を主に営む庶民の手による品らしく、質実に重きを置いた生地は単調な柄が多いですが、深い海の色にも似た藍色が、この上なく美しい作品です。差し色もよく生えます。

明治期にて受賞、大正への変遷

それまでの家内制から、明治の近代化と共に工場生産へ転換して行きます。このときに、久留米絣の熟練工を招いての技術革新がもたらされたとされており、内国勧業博覧会での受賞の記録が残っています。その丈夫さ、美しさは広く国内のものとなりました。各地へ輸出するに至ります。
産業としての頂点は大正、その後は苦難の時期に入ります。
どんな伝統工芸も、戦争によって存続が危ぶまれます。戦争は物資を常時からは想像できないほどの速さで消耗します。木綿もそのひとつで、戦中となると、織りたくても材料がない状態が訪れます。
更に戦況の悪化、長期化は食糧不足を引き起こします。これが何を引き起こしたか。
藍の生産規制です。

島原木綿の復興、思い出をつなぐこと

「食えないものなど作るな」と言う統制を無視し、人目を避けて藍を生産してくれた農家があったから、日本には藍が残りました。戦争が途絶えさせた伝統は数知れませんが、それに抗ってくれた過去の方々の思いは、これからもずっと引き継ぐ必要がある、価値のあるものではないでしょうか。
現在、「島原木綿保存会」の手によって織られている島原木綿は、貴重であり重要な文化であり、美しい反物です。その価値を見極めることができる、専門家に買取ってもらってください。
簡単に買取りを行う業者もありますが、古さ、状態だけで価格を決め兼ねないものです。真価を見抜くことができるのは、やはり呉服や反物の専門業者です。
良いものは、残しましょう。

作品の使い方・着こなし

リサイクルの全国チェーン店などで、時々こういった、貴重な着物が二束三文で販売されていることがあるそうです。そう言ったお店が悪いのでも、買取を依頼したお客様が悪いのでもないのですが、実に不幸なことだと思えてなりません。何より、その着物にとっての不幸を感じます。
島原木綿は、古くても決して価値を失うものではありません。それらを理解してくれる専門家による買取は、価値を理解するお客様へつながっていくものです。再び袖を通してもらえる日も、来ることでしょう。
家族のためを思い、織られてきた織物は、正しく価値を生み、理解されることを望んでいるのではないでしょうか。お手持ちの着物は、専門家へ買取っていただいてください。

島原木綿の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物