お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

佐賀錦のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

佐賀錦の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、佐賀錦の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

佐賀錦について

佐賀錦は、金や銀、漆を貼った和紙を細かく裁断して経糸とし、絹の撚糸を染色して緯糸としたものを織り上げたものです。伝統的な文様は丹念に織り上げられており、その種類は網代や紗綾型、菱など多種多様となっています。相当な根気を要する手作業の上、精緻な技術が必要なため、一日で織る量はとても少なくなります。それ故、着物など大きなものは殆どありませんが、帯などの作品はよく制作されています。作品はどれも美術品としても価値のあるもで、手作りの素朴な味わいと和紙の持つ温かみが融合して、絢爛豪華な造りと調和しています。そして、佐賀錦は日本の美術工芸品の中でも秀逸な部類に数えられています。現在、製品は高価買取りが行われています。

作品の魅力

鹿島藩に生まれ育つ鹿島錦

佐賀錦は、江戸時代の末期に肥前(佐賀県)の鹿島藩鍋島家で生まれました。鍋島家の9代目当主の妻が病気で臥せっている時に、天井の網代組の美しさに心を奪われたといいます。それを日常のものに応用しようと付きの者に相談して生まれたのが、前身となる鹿島錦でした。最初に作られたのは印籠で、観世よりの技術を使って網代を編みこみました。以降、歴代の当主の夫人が技術の改良を重ね、14代当主夫人に受け継がれています。以上の経緯は「鹿島説」として通常、伝わっているものですが、一方、小城説というものもあります。それは、既に300年も前から佐賀錦の技法は小城藩に存在していたというものです。現在、製品は高価買取がなされています。

大隈重信の尽力について

明治初期に入り、佐賀錦は一旦中断することになります。それを当県出身の大隈重信が惜しみ、再興を働きかけることになりました。再興された鹿島綿は、華族等の間で評判となり、明治43年にロンドンで開催された日英大博覧会に出展されました。これをきっかけとして、名称が鹿島錦から佐賀錦になったわけです。博覧会では、日本の手工芸の極地と絶賛され、世界中にその名が轟くことになりました。通常の織りに必要なものは織り台ですが、大型のものから小型のものまで数種類があります。経糸の張り具合を調整する板が付いており、織り台の裏の巻棒で和紙を巻き込みます。こうした作業は手間がかかり、製品は、現在高価買取が行われています。

後継者対策の取り組み

佐賀錦は、1993年に佐賀県から「伝統的地場産品」の指定を受けて、一層の普及と振興を目的に佐賀錦振興協議会も設立されました。当協会は、現在は佐賀市歴史民俗館や旧福田家を拠点として活動しており、初心者講習会などを実施しています。其処では伝統的な技術と現代的な感覚を融合したデザインも取り入れながら、古くから伝わる文様や色使いの継承がなされています。実際、代表的な織り手と知られる人たちは高齢化しており、後継者不足が深刻な問題になっています。後継者の育成は急務になっておこうした取り組みは、産業界のみならず、大学を始め学術会でも行われており、今後の行く末が注目されています。現在、製品は高価買取されています。

作品の使い方・着こなし

大学では、佐賀錦に関わる講座がいくつか開設されています。そこでは、内外の専門家による
織りや染色に関係する授業が行われ、その道のプロも招聘されることになっています。また、研修会や見学会を実施して、鹿島市にある工房を訪ね、織りの実際の工程を体験することになります。さらに大学では、佐賀錦の新たなデザインや商品の開発にも取り組み、それらの経緯を研究論文として、内外に発表することにもなります。加えて、製品の普及を目指したイベント等も開催し、講演や展覧会を佐賀大学美術館で実施するとされています。立ち上げイベントには、人間国宝の古賀氏の講演があり、それ以降も関連イベントが定期的に開催されますj。現在、製品は高価買取も行われています。

佐賀錦の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物