お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

小倉織のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

小倉織の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、小倉織の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

小倉織について

小倉織(おくらおり)は江戸時代の頃の豊前小倉藩の特産物です。現在は福岡県の北九州市が産地で、縦縞が特徴の良質で丈夫な木綿布です。とても良質な、生綿を紡いだ「小糸」と呼ばれる綿糸を3又は4本ひねり合わせたものを織っていたので、江戸時代の当時にあった破れやすい布に比べて、きわめて丈夫でした。特に、水につけると生地がより引き締まってさらに丈夫になります。使用する綿糸が上質なため、布地には光沢があって、選択するたびに光沢は増して行きます。模様は、基本的には縦ですが無地のものもあります。そのシンプルでスタイリッシュな柄が現代でも人気があるため、帯や着物を初めて風呂敷や鞄などの製品にも使用されることがあります。

作品の魅力

小倉織の起源を知ろう

小倉織の起源については、いくつかの説があります。小倉の藩主であった小笠原氏が信州にいた頃に、子供の為に着物が破れないよう母親が糸を寄り合わせて布を作ったのをきっかけに1632年に小倉へ伝わったという説。また、隠居したあとの徳川家康が鷹狩りをしていた時に、小倉織の羽織を着ていたという話が徳川家の記録に残っているので、小笠原氏が小倉へ来る前から小倉織りが存在していたという説もあります。ともあれ、そのきわめて丈夫な生地の性質ゆえに江戸時代の初期から小倉織は徳川家康将軍を始めとして坂本龍馬や幕末の武士たちにまで愛用されてきました。とくに、長年使用すると質感がかわるので様々な人に重宝されてきました。

「霜降」とよばれる織の種類

明治時代に、文明開化の西洋化に会わせてこの生地を使った洋服が流行しました。それらの服は「小倉木綿」「小倉服」とよばれる「霜降(しもふり)」が織られ始めたのがきっかけで、男性学生の夏服として各地で愛用されるなどしました。霜降とは、白と黒の綿糸をあわせて織るためグレーのように見えて、霜が降りたような統一感のない模様です。「坊ちゃん」(夏目漱石)にも登場するように、多くの小説に出るほどのブランドになった霜降は小倉木綿の歴史のなかでも最高期といえます。小倉の名前をつかって「土佐小倉」や「備中小倉」などの小倉も世に出回りましたが、県外での生産されたものは質が悪く本物とは似ても似つかないようなものでした。

後世に名を残す作品たち

この織りは、前述した通りに「霜降」の制服として現在にも多く残っています。加えて、能装束としての、縞小倉羽織は現在徳川美術館に所蔵されています。また、昭和を代表する着物として北九州市の博物館にもなん点か所蔵されています。加えて、染織家である築城則子(1984年に小倉織を復元した人)が制作した木綿帯は東京国立近代美術館やロンドンのヴィクトリア・アルバートミュージアムに収蔵されました。誇りのある歴史を持つこの織は、今や日本だけではなく世界にも通じる生地となったのです。江戸時代からずっと日本人に愛されてきましたが、これからもずっと今度は世界で名を残す織物として愛されつづけることでしょう。

作品の使い方・着こなし

このように、小倉織は多くの人から愛されてきました。しかし、近代化によって着物としての価値は薄れつつあります。素人が水洗いをすると多少収縮したり、選択がやはり洋服とは違うのでどうも廃れつつあるのは事実です。そんな時に利用してみたいのが買取のサービス。買取と聞くと、嫌なイメージを持つ方もいると思いますが、買取サービスを通して小倉の木綿着物をもう一度価値のある物にする事が出来ます。また、一度買取で調べてもらえば着物の価値をもう一度知るチャンスにもなるでしょう。大切な着物を、箪笥の肥やしにし続けるのではなく買取斡旋の業者を通してその魅力をもう一度市場にまわすことに、ためらう必要などなく、むしろ素晴らしい事です。

小倉織の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物