お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

久留米絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

久留米絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、久留米絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

久留米絣について

絣織物の特徴は、経糸と緯糸を各々括った後に染色を施し、模様を織りだす技法となっています。こうしたやり方は世界各地に存在しており、源流はインドにあると言われています。それが、ペルシャに伝わり、南ヨーロッパを経て中国や東南アジアの島々にも行き渡ったわけです。日本で織られる代表的な絣としては、広島の備後絣、愛媛の伊予絣、そして福岡の久留米絣が挙げられます。久留米絣の特徴は、それが大陸から伝わった技法ではなく、機織りで衣服を作っていた人々の日常から生まれたものであることです。其処には、当時の人の創意と工夫が生きており、多くの人々の知恵の結晶として発展してきたわけです。
現在、製品は高価買取が行なわれています。

作品の魅力

久留米絣が誕生するまで

綿という素材は私達の生活に大変馴染みが深いもので、肌触りの良さに加えて、扱いやすく洗濯も簡単にできます。それ故、日常着として適しており、絹織物に取って代わるようになったと言えます。綿の種が日本にもたらされる以前は、綿織物は富裕層向けの高級品になっていました。始め、綿花の栽培は畿内を中心に広がりましたが、それが九州地方に伝わると、大分の旧日田群を中心にして栽培が進むことになります。そして、九州最大の河川である筑後川を下って、筑後地方にまで及んだわけです。筑後川の流域では、豊かな土壌を背景に綿花や藍が盛んに栽培され、当地に済む人々は農閑期に綿織物を営みました。
現在、製品は高価買取が行なわれています。

久留米絣が生まれた背景

久留米絣の特徴になっている精密な模様は、一人の少女の手によって生み出されました。その名は井上伝と言い、農家出身の優秀な織り手でした。当時12,3歳であった彼女は、自分の着ていた着物にある斑点に着目しました。その仕組みを探るため着物の糸を解き、色々考察を行ったわけです。そして、辿り着いたのが糸を括って防染する染色法で、この「括り」こそが絣の重要ポイントになります。この技法は基本的には現在でも続いており、世界各地でも絣製作の根本となっています。当初、井上伝が糸を括って染色した生地には、一面に白い斑点が浮き出る「白紋散乱」の柄が現れました。
現在、製品は高価買取が行なわれています。

井上伝の生い立ちについて

井上伝が考案した絣の技法は、自然発生的要素が強くありましたが、その後、多くの人々によって技術の改良が試みられました。そして、より精緻な図柄を織り出せるようになり、織機も機械化が進み効率性が高まりました。それによって、久留米絣は日本を代表する綿織物へと広がっていくわけです。伝の父親は米屋を営んでいましたが、商売繁盛とはなりませんでした。それ故,伝は幼少の頃から木綿織の稽古を始めたといいます。当時の記録では、寺子屋に通う代わりに、師匠に就いて本格的に織物や裁縫について学んだとあります。そして、12,2歳頃には大人にも引けを取らないほど織物の技術は上達しました。
現在、製品は高価買取が行なわれています。

作品の使い方・着こなし

井上伝は、たまたま見つけた白斑紋から、久留米絣の元となる技法を生み出しましたが、彼女は此の新たな技法による織物を「加寿利」と名づけて販売しました。これが城下町で評判となり、彼女のもとに多くの弟子が集うようになりました。21歳で結婚し、城下の古賀町で久留米絣を売りながら、弟子の育成にも励んでいました。そして、次の目標として絵模様の絣を目指し、苦心探求することになります。其処で協力者として現れたのが、発明家として名高い田中久重でした。彼は板締めの絣技法を考案し、それにより見事な絵模様を織りだすことに成功しました。久留米絣の技法は確立し、最盛期には1000人もの弟子が存在したと言われます。
現在、製品は高価買取が行なわれています

久留米絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物