お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

博多織のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

博多織の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、博多織の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

博多織について

博多織とは、福岡県の福岡市の特に博多地区で生産される絹織物です。江戸時代に福岡藩の黒田氏が徳川将軍にこの織りの反物を献上したことから、最上のものを「献上博多」などと呼びます。細い経糸と太い緯糸を打ち込んで、経糸を浮かせて柄を織り出す独特の織りはとても美しく、人気です。特に、高度成長期に需要が増大した後の1971年には織り職人の小川善三郎が人間国宝に指定され、76年には博多織が伝統工芸品に指定されました。また善三郎の子供の小川規三郎も2003年に人間国宝に指定されるなど、博多織は日本の和服の中でもとても高い位置にいると言えるでしょう。そして今、この貴重で質のいい織は買取の市場でポピュラーになりつつあります。

作品の魅力

博多織といえば「博多帯」

生地に厚みやハリがあるこの織は、帯としての用途に適しています。1241年に、中国の宋から帰って来た2人の日本人が博多湾に帰って来て当時の技術を日本へ伝えました。その際に、織物の技術だけは家伝の秘宝としたのが織の起源です。そしてその織り方が独特な為、経糸が多いのできちんと締まりずれにくい帯となるのです。だからこそ、この帯は博多帯とよばれ、締め心地に定評があります。帯を絞める際にキュッと絹鳴りする音は、とても心地よいです。だからこそ、時代劇などでは江戸時代の武士のほとんどが博多帯を絞めています。武士が命よりも大切にした刀とそのさやが抜けないように、良く締まる博多帯を愛用したそうです。

半幅帯としてのとどまらぬ魅力

現在は着物を日常で着る人が少なくなりました。ですから、普段の生活の中で博多織を身につけることは滅多にないかと思われます。ですが、夏の浴衣の季節になると話が違います。博多帯は絞めやすいため、着物の初心者にもぴったりです。加えて、博多帯をするだけで着物の雰囲気がより味のあるものになります。これだけ人気の博多帯は、市場でのシェア率も高いです。近代化した今、市場に出回るのは機会で作られた博多帯ばかりなので手作業でつくられた帯はとても高い価値がつきます。そこで、注目すべきなのが「買取」です。博多織の帯を持て余しているのであれば、是非一度その質を確認するためだけにでも買取のサービスを利用しましょう。

博多織のお手入れ方法

再三になりますが、博多織といえば帯。この帯の手入れ方法はとても手がかかります。年に二回は湿気のすくない天気の日に陰干しをする、着用後は数時間の陰干しをしなければいけません。また、仕舞う際にはビニール袋やにおい袋を使用すると変色の原因になるし、湿気の多い所においておくとカビが生えてしまいます。そして、汚れたりシミがついた場合は家庭での選択ができません。必ず専門の染み抜き店や買い求めた店舗に相談しなければなりません。質の高い博多帯は所持するだけでもとても大変なのです。ですから、着物を滅多に着用しない、一度も着たことがないし着るつもりも無いのならば手元においておくのは面倒なことでしょう。

作品の使い方・着こなし

博多帯は、なんにでも良く合います。とくに半幅はどんな浴衣にも合うし、着物にもぴったりです。女性であれば、帯がしなやかなので様々な結び方を楽しめます。男性でも、キュッキュッという帯を絞める音に魅了されることでしょう。しかし、そんな博多織を使わないのであれば意味がありません。着用しないのであれば、ただの扱いにくい布に成り下がります。その際に利用してほしいのが買取です。着物のプロに買取してもらえれば、その価値に見合った値段がついて、織が欲しい消費者へと渡ります。特に、古い博多帯などは買取サービスを通してしか手に入らない場合もあります。日本でも名の知れたこの織を、無駄にしない為にも「買取」という手段を利用しましょう!

博多織の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物