お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

備後絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

備後絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、備後絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

備後絣について

備後絣は、久留米絣や伊予絣と並んで、日本の3大絣に数えられています。現在の広島県福山市の新市町一帯で、江戸時代から生産されていました。かつては多くの機場があり賑わっていましたが、現在、伝統技法を守って生産を続けているのは2社だけになりました。備後絣は古くから織られているにもかかわらず、名前が浸透していませんが、他の地域の絣に比べて独特な感触があります。そして、「備後節織」によってネップ(節)のある表面になっています。織り糸にもネップがあるのが特徴で、機械織りにもかかわらず、手織りのような素朴な温かみがあります。この風合いを産み出すことを可能にしているのがシャトル織機です。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

備後絣の特性について

シャトル織機は、上下に分かれた経糸の間に、緯糸を収納したシャトルを用いて、左右に動かしながら糸を打ち込んでいきます。動きがゆっくりなため、緯糸が引っ張られすぎず、木綿の柔らかさを活かした織物に仕上がります。こうして出来た布は、木綿の特性を活かし、吸湿性が高く通気性にも優れているので、夏は涼しく冬は暖かいものになっています。また、水で普通に洗濯ができるので、とても重宝すると言えます。それでいて、肌触りは他の絣と同様サラッとしており、使い込むに従って柔らかさは増して来ます。備後絣の風合いを生んでいるのは、染色から織機での調整など繊細な努力が繰り返されているからです。
現在、製品は高価買取が行われています。

備後絣の変遷について

当地で綿織物が隆盛を誇るようになった背景には、江戸時代の備後福山藩の初代藩主・水野勝成が綿花の栽培を奨励したことがあります。目的は産業振興にあったわけですが、その後、富田久三郎という人が現れ、絹織物の浅黄絣の美しさに感動して、それを綿織物に取り込む研究をしました。その結果、考案されたのが「井桁模様」で、その後も研究を重ね、より精緻な模様を生み出しています。そうした技術を基に、明治の初め頃には量産を始めており、全国に売出し知名度も上がっていきます。大正の末期から昭和の初期にかけては、機械化が進んで昭和7年には年間の生産量が132万反に及びます。
現在、製品は高価買取が行われています。

備後絣の現在について

備後絣の生産量のピークは昭和35年頃で、一時は国内生産量の7割を占める、およそ330万反が織られていました。ところが、和服離れや化学繊維が台頭してくると、需要が激減、生産量も落ち込みました。業界全体としても、広幅地の生産に乗り出すなど改革が試みられました。それでも、現在残っているのは「森田織物」と「橘髙兄弟商会」の織元2社だけになっており、新たな需要を掘り起こそうと努めています。そうした中、生地の用途も多様化しており、昨今は洋服や小物にも取り入れられるようになり、雑貨等でも新たな可能性が広がっています。また、伝統に裏打ちされた高品質の製品を求める動きも活発化し、
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

備後絣の織元は、現在「森田織物」と「橘高兄弟商会」の2社のみになっています。幸いにも両者ともに若き後継者が育っており、家業としての伝統を守っています。両社はお互いに切磋琢磨しあい、それぞれの特色を打ち出しながら、オリジナルなデザインの製品を生み出しています。備後節織の工程は手間のかかるもので、先ず、煮沸した生糸を染めることから始まります。染料には藍や柿渋、墨汁と言った天然由来のものが使われ、天日干しをして色を馴染ませます。それ故、天気などに製品の出来も大きく左右されるため、全ての工程でタイミングが重要になるわけです。織りには旧式のシャトル織機を使っており、柔らかく仕上げています。
現在、製品は高価買取が行われています。

備後絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物