お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

倉吉絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

倉吉絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、倉吉絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

倉吉絣について

倉吉絣とは、あらかじめ染められた糸を使用して文様をつくる絣という技法を用いた鳥取県倉吉市発祥の織物のことです。

絣は江戸時代末期から明治にかけて各地で盛んに広まった織物ですが、倉吉絣は平織りではできない高度な技術が特徴でした。

そうした織物は風通織と呼ばれ、行商人たちの手に渡り、西日本を中心に全国各地で売られて倉吉の収入源になりました。

ですが大正時代に入り、普及した機械の工業生産をきっかけに倉吉絣は衰退するしかありませんでした。

しかし現在、ある染色家がわずかな手掛かりで風通織を復活。保存会も発足し、職人も徐々に増えています。

けれど希少になった材料により生産がわずかなもの。そのため買取に力を注ぐ店舗は少なくありません。

作品の魅力

手織りでしか表せない美しい文様

倉吉絣が衰退してしまった最大の原因は、絣の文様は機械で織るのは不可能だということでした。

何故なら、倉吉絣の特徴である手で描いた絵柄の美しさの裏には複雑さを意味していたのです。

そもそも絵絣とは横糸によって絵柄を描いていく織物で組織織とも呼ばれ、松竹梅といったものを文様にします。

ですが呉服屋で服を買うことがないほどの発展を遂げた倉吉絣は一般的な図柄だけでなく、文字すらも織物の文様に取り込みました。

まさに手で描いたような複雑な美しさを持った絣は風通織と称えられ、山陰の三絵絣に選ばれました。

しかしそれだけにとどまらず、明治時代にあった万国博覧会に出品された絣は諸外国に認められて受賞したこともあるのです。

着るごとに肌に合う着心地

倉吉絣を使った着物は着るごとに着用者の肌に合い、体になじんでいきます。

それは使用している材料がワタの種子から取れる繊維である綿を糸して用いた綿糸によって製作されているからです。

綿の特徴は肌触りが良い点のほかに、吸水性が優れている点や涼しい通気性、さらに水に濡れると強度が増していく点などがあります。

日本では戦国時代頃から全国的に普及し、江戸時代に入ると急速的に栽培が拡大されて生産が盛んとなり、一大産業となりました。

一度は衰退したものの、現在は価値が見直されてオーガニックコットンといったエコ活動で見かけるになりました。

しかし生産量が少ないのが現状で、着物を扱う店舗ではよく買取商品として挙げられます。

褪せない柔らかな青い色

倉吉絣の青い色は約30工程の製作のうちに含まれる作業のうち、先述した綿糸を職人の手で藍染めにしています。

藍染めとは名前の通り、藍色の染料を使った染物のことです。インジゴという植物に含まれる色素を利用して染める技法は昔から世界各地にありました。

もちろん日本にも藍染めの技法は古くからあり、その最盛期は江戸時代。特に阿波藩が中心でした。

現在でいう徳島県はその名残があり、伝統工芸品として藍染めは全国的に有名です。

そんな藍染めの利点は色が褪せにくい特徴がありますが、他にも素晴らしい点はさまざまあります。

実は染めた布に消臭効果や細菌の増殖を抑制する効果、虫除け効果を付与してくれるのです。

作品の使い方・着こなし

倉吉絣は現在、主に倉吉市で作られています。素朴で味わいのある工芸品として有名で愛されています。

商品としては着物以外のものもあり、手軽に購入できます。Tシャツやバック、テーブルセンターに巾着袋がつくられています。

また倉吉市では観光の一環としてレンタルが可能です。街に行けば着る楽しみも味わえます。

ちなみにもしも店舗で買取を希望する場合、気をつけなくてはならない点がいくつかあります。

まずは反物か着物であるかで買取金額が異なります。次に布の素材、最後に生地の種類が「織り」か「染め」の技法によるものか見ます。

これらが店側の買取査定の基準ですが、倉吉絣は高額査定が期待できる伝統工芸品ですので心配はないでしょう。

倉吉絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物