お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

弓ヶ浜絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

弓ヶ浜絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、弓ヶ浜絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

弓ヶ浜絣について

鳥取県の弓ヶ浜地方に、山陰地方の三大絣と呼ばれる「弓ヶ浜絣(ゆみはまがすり)」の産地があります。1975年に国の伝統的工芸品に、1978年には県指定無形文化財に指定されています。この織物は、元々自給用の衣料として、また農家の副業として人々に受け継がれてきた綿織物です。素材の藍と白の美しさ、素朴な絣柄の味わいが人気となりました。藍染めと独特の絵模様によって制作されてきた織物、それが弓ヶ浜絣です。その精緻で美しい蒼の表情や素朴なかすれの柄は、たて糸とよこ糸を丁寧に交差させながら作られます。この織物は、暮らしに根ざした豊かな歴史や世界観を守りつつ、糸を先に染めて模様を出す先染めによって高い吸水性を実現した織物です。

作品の魅力

独特の絵柄が最大の特徴

弓ヶ浜絣は、贅沢が禁止されていた時代に、農家の女性たちが自給用の衣類を作ったことで生まれた織物というルーツがあります。弓ヶ浜絣は、独特の絵模様が特徴で「縁起物の柄」には、物のない時代、限られた色しか存在しなかった中で、いかに楽しく暮らそうかと工夫した跡が見られ、どの独特の柄模様がよくでているものほど高価な買取となります。絵柄の保存状態のよい着物や衣類、あるいは織物は非常に珍しいので、大変高価な買取となります。さらに、例えば、弓ヶ浜絣の「鷹」の柄は、生まれた子どもが将来羽ばたいてもらいたいという願いが込められた綿織物です。このようなさまざまな願いを込めた柄模様の美しさが弓ヶ浜絣最大の特徴です。

ざっくりとした清凉な風合い

弓ヶ浜で織られてきた絣は、素朴な絵柄とざっくりした風合いが特徴です。現在、着物地のほかのれんやコースターなども織られています。この織物は横総絣(ヨコソウ・横糸だけで柄を織り出す絣)が主で荒い絵絣が特徴となっています。魚や亀、鳥などの文様が大胆に織り込まれています。決められた柄に糸を正確に織り込まなければ柄は乱れてしまうため、映りの悪いテレビのようになってしまいます。精緻な柄合わせを行なうけれども、それは人間のなせる技なので、わずかなズレが絣の味にもなります。この点が買取の際のポイントとなります。この織物には比較的太い糸が使われておりそのザックリとした織り上がりが絣の良さを十分に感じさせてくれます。

藍と白のコントラストが美しい

およそ250年前の江戸時代より弓ヶ浜の地で織り継がれる弓ヶ浜絣は、深い藍色の地に美しい白抜きの絣柄が映える織物で何世代にも渡り受け継がれています。深い藍色と美しい白ぬきのコントラストが大変美しい織物です。弓ヶ浜絣は、絵をそのまま織り込んだような精巧な模様が特徴です。その模様を藍色と白色の糸でクッキリと一本一本織り上げています。特徴的な織柄を、藍色と白の美しいコントラストで仕上げていますから、このコントラストが色あせていないことが買取の際のポイントになります。吸水性の高い素材であるため、湿気を多く吸い過ぎていないことも重要な買取のポイントです。藍色と白のコントラストを楽しめる織物であることが必要です。

作品の使い方・着こなし

絣というのは、文様にあわせて染めておいた経糸(たていと)や緯糸(よこいと)を織り上げて文様を表す織物のことを言います。弓ヶ浜絣は、鳥取県西部の弓ヶ浜地方に伝わる織物で、現在では、主な製品に着物地、座布団、のれん、袋物等があります。この織物は、長年の使用にも耐え、吸湿・保温性に富み、日本の気候風土に良く合い、情緒があることが特徴の織物です。弓ケ浜半島で生産されていた綿と藍から生まれた普段使いの日用品であったことがそのルーツで、母から子へと渡ることを前提として作られはじめたこの織物は、日常品ゆえの温かさと質の良さを備えています。そのため、日用品として使用することはもちろん、母から子への贈り物としても使っていただけます。

弓ヶ浜絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物