お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

広瀬絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

広瀬絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、広瀬絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

広瀬絣について

広瀬絣の始まりは、長岡貞子という女性が米子で伝授された絣の染織法を伝えたことによります。後に広瀬藩の絵師であった堀江友声の図案で多く織られることにもなり、広く地域に広まっていったとされます。当織物の特徴としては、和紙に柿渋を塗って文様を拡大して切り抜く、独特の型紙を使って手括りします。絵模様と幾何学模様とが組み合わされており、大柄な模様になっています。こうした模様は、現代感覚にも充分通用する図柄になっています。絣糸
を高機で文様に従って織り上げるわけですが、織り上がる作品は斬新性と伝統的な素朴な味わいを合わせ持ったものに仕上がっています。当織物の染色は正藍染となっています。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

紺屋業の経緯について

広瀬絣は、優美で堅牢に作られており、弓浜絣や倉吉絣と並んで、山陰地方を代表する絣となっています。また、県の無形文化財にも指定されています。1827年(文久7年)に長岡貞子が絣の染織技術を持ち帰った後、多くの紺屋が生まれましたが、彼らは競って染の技術を磨いたといいます。戦後は、染色業は衰退しましたが、広瀬には現在も一軒だけ染織の伝統を守っている業者があります。其処では、綿や麻、絹の糸が伝統技法によって染められており、広瀬木綿などが生まれているわけです。当紺屋の5代目となるのが天野尚氏(作家名・青蛙)で、幼少の頃から藍色の美しさを身近に感じて育ちました。
現在、製品は高価買取が行われています。

染織技術の継承について

天野氏は、糸染め専門の紺屋ですが、同時に布染めにも興味を抱くようになり、染色技術の専門書を頼りに、試行錯誤を繰り返しました。そうした中で辿り着いたのが「藍型染め」で、展示会を開けるようにもなりました。その際に使われた作者名が「青蛙」だったわけです。
広瀬の絣は当時の町医であった長岡謙祥の妻の貞子が広めたことに由来しますが、基礎が確立したのは幕末に染や織りの技法が改良されたことによるとされています。そして、明治時代には地機が高機へと進化し、30年代には年間13万反に及ぶ生産量がありました。そして、当時開催された卸売の博覧会において、人々から高い評価を受けました。
現在、製品は高価買取が行われています。

広瀬の絣の移り変わりについて

明治時代には、地機から高機へ更に改良が加えられ、明治30年代には年間13万反の生産量となり全国にまで販路を広げました。また、国内の卸売博覧会では高い評価を受け広瀬町内の一大産業となりました。ところが、1915年(大正4年)に当地で発生した大火によって、織物産業は大打撃を受けることになります。さらに、他の産地による機械織の安価な絣製品が出回るようになり、当地の生産量は激減することになります。そして、戦後には大規模生産は途絶えてしまし、自家生産をするだけになりました。そうした中で、広瀬町では昭和36年に広瀬絣の技術保存と伝承目的に、広瀬絣振興会が発足されました。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

広瀬絣は、昭和47年には「国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」に選定されています。そして、平成17年に天野圭氏の4女の佳子氏が島根県無形文化財保持者の追加認定を受けました。続いて昭和56年には、広瀬絣伝習所(現在の広瀬絣センター)が開所され、内外の延べ130名の伝習生が技術の取得に励んできました。伝習所の所長には永田氏が就任しており、広瀬絣技術保存会も発足しています。そうした活動を記念して、平成22年には30周年の記念展が開催されています。当センターでは、広瀬絣の殿堂として、全国でも珍しい型紙を用いた広瀬絣の製品の展示及び販売が行われています。また、体験コーナーもあります。
現在、製品は高価買取が行われています。

広瀬絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物