お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

大和絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

大和絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、大和絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

大和絣について

大和絣は、木綿の白絣としてよく知られています。その名声は国内全土に広まっており、かつては、「東の中野絣(館林絣)西の大和絣」と称されました。大和地方(現在の奈良県)に木綿が栽培されるようになったのは、1590年頃、桃山時代の文禄年間だと言われています。中国から綿の実がもたらされて、栽培が始まったわけですが、一説では、江戸時代の初期に僧侶である隠元がもたらしたとも言われています。以来、長い年月に渡って木綿の織物が織られてきたことになり、絣がおられるようになたのは越後上布の影響によったわけです。時代としては、1751年頃だと言われています。絹織物禁止で需要が伸びました。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

大和絣の人気の高さについて

天保年間(1830〜1843)に絹織物の禁止令が出されると、大和絣の需要は格段に増え、関東地方にまで広がりました。人気を後押ししたのは、絣模様の独特のデザイン及び染色の精巧佐にあったと言えます。当時、提灯制作業を営んでいた人物が、提灯の文字が伸縮する形状をヒントにして、絣模様の原型を生み出しました。
それを基にして、染色業者であった扇屋が、絵絣として完成させたわけです。これが扇屋絣または工夫絣で、織機も改良が進み、チョンコ機と呼ばれる足踏み機が誕生することになります。これによって、それまで手紡ぎ糸だったのを、紡績糸を用いるようになったわけです。
現在、製品は高価買取が行われています。

大和絣の技法について

大和絣の技法としては、先ず、綿糸を苛性ソーダの溶液で煮ます。その後、外部に晒してから、さらし粉を使って漂白します。現在では、さらに蛍光剤によって白くしています。次に、「のべのべ」と呼ばれている整経を施して、絣糸だけを染色するために紺屋に送ることになります。絣染めは、板締め技法によって行い、この技法は近江から伝えられた伝統技法になっています。布地を三角形や方形にして板に挟み、強く絞った後に染液に浸す方法です。板の当たらない部分が染まり、文様が染め上がるわけです。染色は正藍と化染の2本立てになっており、製織は主に手織りにより、チョンコ機を用いて行われます。
現在、製品は高価買取が行われています。 

浦野理一氏の作品について

大和絣において、著名な作者としては浦野理一氏が挙げられますが、浦野氏は日本の伝統的な染織技術の研究を長年に渡って行い、関連著書を多く残しています。染織作家としては、独特の視点によって多くの作品の復元にも取り組んできました。浦野氏の作品は、古い染織作品の魅力を取り入れながらも、現代の時代においても実用性の高いものとなっています。作品の種類としては、着物から帯地まで様々な種類に及んでおり、昭和の有名な女優などが愛用していました。そして、多くの女性の憧れの着物となったわけですが、着物の題材としては古い大和絣が作品の下地にあったと言われています。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

浦野氏の着物を羽織っていみると、白と藍のコントラストが清々しい上品さを醸し出しており、絣の足が余韻を残しながら斜めに並んでいます。そうした模様はリズミカルなデザインになっており、現代風のオシャレな雰囲気を演出しています。そして、季節ごとの染帯やエスニック調の柄の名古屋帯と合わせると、一層引き立つものとなります。名古屋帯としては、真綿のすくい織の八寸も、外せない織物と言えます。此のように、大和絣の着こなしのバリエーションは広がりますが、それは、かつて昭和の大女優が愛用したように、様々な場面に対応するものだからだと言えます。現在は、手に入る物は時代になっています。
現在、製品は高価買取が行われています。

大和絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物