お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

足利銘仙のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

足利銘仙の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、足利銘仙の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

足利銘仙について

銘仙とは、平織りの絹織物のことですが、大正から昭和にかけて、女性の普段着として普及しました。そして、デザイン等の改良によって、お洒落着となって全国にも広まったわけです。織物は経糸と緯糸を交互に織り込むものですが、銘仙の特徴は、経糸と緯糸の色を微妙にずらすことで、柔らかい色合いになることです。これが色調に敏感な女性たちに受け、当時の流行になっていきました。こうした技法は「絣(かすり)」と呼ばれ、その後、数々の手法が生み出されました。足利銘仙は、その中でも「解し絣」という技法が多く用いられ、後に全国に名を轟かせることになるわけです。特徴としては、他の銘仙と比べて鮮明度が高く、その製品は現在でも高価買取が行われています。

作品の魅力

足利銘仙の移り変わり

銘仙の産地には、足利の他に伊勢崎や桐生、秩父や八王子がありますが、それぞれが独自の色合いや風合いを持ち、その特色を競い合っていました。足利では、昭和2年に足利銘仙会が発足して、銘仙の生産が本格的になりました。そして、昭和10代になって生産高が日本一になったわけです。昭和20年に終戦を迎えると、女性の服装は和装から洋装へと移っていきました。それに伴って、銘仙の需要は減少し生産高も急激に落ち込むようになりました。一時代を築いた足利銘仙ですが、現在は、職人は高齢化しており、後継者も不足しています。その為、現在残されている製品は、希少価値が高くどれも高値で取引され、高価買取なども行われています。

足利銘仙の黄金時代について

足利は、古くから織物の産地として知られており、足利本銘仙は生産高日本一になったこともあり、全国に一大ブームを巻き起こしました。実際、銀座や日本橋の一流百貨店等でも盛んに取り扱われるようになり、有名作の買い取りなども行われていました。そして、本町周辺には整経屋や賃機屋、買継商等が軒を並べるようになりました。それぞれの商店は大繁盛して、大通りをはじめ、北仲通り、南銀座通りなどは大賑わいをみせていました。この頃が、足利銘仙の黄金時代といわれ、他の関東五大産地から一歩抜きん出た存在になっていました。その理由の一つに宣伝力が高かった事があります。当時の製品は、現在でも高価買取が行われています。

織物組合の試みについて

織物文化を根付かせるため、全盛期の織物組合は、織姫神社を再建しました。市内を見晴らせる場所に位置する当神社は、足利銘仙の普及の象徴ともなっていったわけです。そして、日本最古の学び舎と言われる足利学校では、元機の子弟教育にも熱心に取り組みました。その一環として、明治中期に織物技術者の第一人者とされていた、近藤徳太郎を京から招きました。その時に設立されたのが、今の足利工業高校の前身で、当時の資料が「足利まちなか遊学館」の中に展示されています。徳太郎が指導した八丁撚糸機の巨大で複雑な構造は、誰が見てもその専門技術の高さを見て取れるものです。
そして現在も、製品は高値で取引され、高価買取なども行われています。

作品の使い方・着こなし

足利の織物組合は、当地の銘仙を知らしめる試みを行いました。そのような環境があったからこそ、国内の意匠登録の第一号となる雲井織などの新たな織り技術も誕生したわけです。足利銘仙の特徴は、経糸に緯糸を粗めに仮織りしてから、捺染・水洗・乾燥を経て、解し織りを行うという技法にあります。それによって、生地が柔らかくなり、複雑な模様にすることが出来るわけです。さらに、大正時代になると半併用という絣糸を緯糸に用いた織り方も開発され、その立体感のあるデザインは足利銘仙の名を全国に轟かせる事になりました。こうして、昭和14年になって、足利は日本一の織物生産地となったわけです。そして現在も、製品は高値で取引され、高価買取なども行われています。

足利銘仙の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物