お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

伊予絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

伊予絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、伊予絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

伊予絣について

愛媛の松山といえば、道後温泉が有名ですが、文学でも夏目漱石や正岡子規を排出した街として知られています。食文化では鯛めし等の郷土料理を楽しむことが出来、それ以外にも海と山の幸が豊富に揃っています。此のような恵まれた土地となっている松山では、織物の世界においても世に知られた伝統のある技術が生まれ育ってきました。それが「伊予絣」と呼ばれているもので、別名「松山絣」とも言います。その創始者として知られているのが、鍵谷カナです。元々、絣の技術は遠くインドに始まったもので、それがタイやカンボジア、そしてベトナムやインドネシアに広まったわけです。それが琉球に伝わり、日本国内に広まったとされています。

現在、製品は高値買取されています。

作品の魅力

伊予絣の特徴について

伊予絣は、明治になり織機の技術も進歩して、生産量が増えていきました。その品質の高さから、次第に全国にも広まっていくわけです。代表的な柄には、井桁や十字、麻文や玉文等があり、いずれもシンプルなデザインになったいます。色彩も紺と白のコントラストがメインですが、城や椿等の地域性のある図柄も好んで用いられています。伊予絣の醸し出す独特な風合いは、その染色の工程に秘訣があるとされます。染料の藍はタデ科の植物から採取され、繊細なため温度管理が重要になってきます。そして生み出された深い藍色は、使うごとに優しく馴染んでいき、独特の味わいを醸し出すわけです。
現在、製品は、高値買取されています。

菊屋新助の役割について

伊予絣が誕生するには、鍵谷カナの他に、もう一人菊屋新助の存在が欠かせません。波方出身の彼は松山城下に出て、松前町に伊予縞を織る織屋を開きます。当時の織機は未熟なもので、生産効率の悪いものでした。そこで、新助は西陣織の高機を取り寄せることになりました。ところが、工程が複雑すぎて木綿織には不向きであることが分かりました。それで、彼はその機を改良して、伊予縞の生産量を高めることに成功したわけです。その後、彼は改良した機を地元の下級武士等に貸出して、さらなる量産化を図りました。同時に、藩からも資金の貸付を受け、伊予縞は販路を拡大していくことになります。
現在、製品は高値買取されています。

生産量が日本一になる

鍵谷カナが伊予絣を産み出すきっかけとなったのは、藁葺き屋根の張替えの時でした。押し竹の縄の部分と日に当たっていた部分のコントラストを、布の模様にしようとしたのが最初です。既に、享和年間には伊予絣が存在していたことから、3大絣の中では最も古いものの部類に入ります。絣の模様を付けるには、糸の束を縛り、模様にしたい箇所を染まらないようにします。緯糸と縦糸を計算して縛ることで、好みの模様を生み出せますが、複雑なものほど手間がかかります。また、そうした味のある「かすれ」が醍醐味にもなっているので、当時の人々に広く支持されたわけです。そして、生産量が日本一になりました。
現在、製品は高値買取されています。

作品の使い方・着こなし

鍵谷カナは、父親が鍵谷清吉で1782年(天明2年)に生まれています。本名を加奈子といい、小野山藤八に嫁いで83歳で亡くなっています。現在でも、命日の5月28日には、長楽寺の鍵谷カナ頌功堂において地元の人々による、鍵谷カナ祭が開かれています。カナの幼少時代は、7,8歳頃から母親に糸引きの仕事を厳しく躾けられます。10歳になると地機での機織りを行うようになり、小さい身体ながらも高下駄を履きながら練習させられました。そして、12,3歳頃には地元では名の知れた織り子になっていったわけです。そのように織物の腕が上達した背景には、何かと面倒を見てくれた庄屋のおカミさんの存在もありました。
現在、製品は高値買取されています。
 
 

伊予絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物