お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

松坂木綿のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

松坂木綿の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、松坂木綿の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

松坂木綿について

松坂木綿とは、伊勢国(いせ)松坂地方より産出する木綿織物で三重県松阪市の無形民俗文化財として認定されています。藍染糸を用い吸湿吸水性に優れ年間を通し快適な着用が出来、独特な縞模様の木綿が主となっている縞木綿が特に有名です。
天正・文禄年間に織り始められた松坂木綿は、元禄(1688年~1704年)あたりから伊勢神宮参拝の土産物として広く知られるようになりました。
江戸時代には伊勢商人により江戸に多くの木綿が運ばれ、その中でも質とデザイン性の高さから松坂木綿の人気が出ました。殊に松坂商人の三井八郎兵高利が江戸に「越後谷(のちの三越の前身となる呉服屋)」を出店しその人気は頂点を極め、江戸中にその名を轟かせました。

作品の魅力

江戸庶民をとりこにした松坂ジマ

倹約令が出されていた江戸時代、制約のある中で庶民にとっておしゃれ心を最大限に表すことの出来る柄として人気を博したのが「松坂ジマ」です。
江戸庶民はゴテゴテ飾り立てずに派手に目立たぬという粋(イキ)を信条とし、一見地味に見えるけれどもよく見つめるとそのぴっちりと目の詰まった中に繊細ですっきりとした縦縞模様が走る松坂木綿は、その信条にしっかりとはまるものでした。
当時の江戸人口100万人に対して、驚くことに年間50数万反以上の買取売り上げがあったほどです。
歌舞伎役者が現在でも「マツサカを着る」と言えば縞の着物を着ることを意味し、時代が過ぎても松坂ジマの浸透性の高さが根付いて残っているのです。

神麻続機殿のお宮がある伊勢

江戸時代、松阪には織物の神様と崇められたお宮があり、神麻続機殿・神服織機殿(かんはとりはたどの)と呼ばれ、もとは伊勢の大神宮(アマテラスの神)にお供えする麻・絹を織り献納していました。
遡れば五世紀後半、松阪市東部一帯に、大陸より渡来した技術集団である漢織・呉織が住み着き紡績技術を日本に初めてもたらしたことにより、この地が一大紡織の中心地となったのです。
のち十五世紀には丈夫で暖かな木綿(エジプト・インドが原産地)が日本に伝来されたことによる衣料革命の後、良質な木綿栽培に適した気候などの条件を満たす地域として伊勢湾岸に軍配が上がったのです。ここで古代紡織技術と木綿が結びつき、松坂木綿が生まれました。

現存数が極端に少ない松坂木綿

江戸時代に流通していた松坂木綿の現存はほとんどなく、現在ではいくつかの団体が協力・復興させたものが流通しています。
当時の倹約令により、いくら耐久性がある松坂木綿といえど普段着として着用されていればボロボロになってしまうため、現存する数はごく僅かなのです。そのため、もし当時のものがあれば、歴史的価値からも業者により高値買取となります。
但しシミ・汚れ・ほつれ・破れ等によるマイナス評価がある場合は買取額は下がりますが、それでも専門買取業者にとっては貴重なものとなります。
現在の復興団体によっては機械織と手織のものが存在しますが、手間と個性により手織の松坂木綿のほうが買取額が高くなります。

作品の使い方・着こなし

買取業者には着物はもちろん、年中着用することが出来るシャツを始めとした多くの種類の松坂木綿商品が揃っています。
しっかりとした作りによる耐久性は、普段の手入れを適切に行うことにより10年以上とも言えますし、特徴である縦縞の間隔はさまざまあり、狭いものはどんな人にも似合い体をスリムに見せてくれます。
縞が太いもの・個性が強いデザインはクッションカバーやテーブルクロスなどの小物にリユースされたものもあり、ランチョンマットなど来客時にさっと出した時のワンランク上のさりげないおもてなしに大活躍します。
また最近ではピアスなどのアクセサリー商品にも用いられ、着物とコーディネートしたり、洋な雰囲気の服装に挿し色的に使っても映えます。

松坂木綿の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物