お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

鹿の子絞のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

鹿の子絞の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、鹿の子絞の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

鹿の子絞について

鹿の子絞りとは日本の伝統工芸品であり、古くから日本に伝わる技術でもあります。もしかしたら名前は知らないかもしれないですが見たことはあるでしょう。絞り染めの一種で、その模様が鹿の背の模様に見えるためこのような名前になったのです。絞り染めなので肌触りもよく、帯揚げとして重宝されてきました。様々な柄があり、一つ作りあげるにはかなり複雑な工程があります。絞って、染めて乾かしてと手間がかかりますが、さまざまな絞り模様がとても綺麗で華やかです本来は和装向けの高級品でしたが、最近では海外からも注文があるようで、非常に人気が高くなってきています。日本の伝統工芸品が世界でも注目が集まるととても日本人ととして誇りが高いですよね。

作品の魅力

帯揚げでよく使われる鹿の子絞

和装する際には様々な装飾品があります。その一つとして帯揚げがあります。帯揚げとはもともと帯を結ぶ時に形を整えるために使用していたものです。昔の帯は重かったため、帯が重さにまけ、形崩れしたり、帯が下がってきました。帯揚げはそのために使用するものですが、帯から見えるため、和装のポイントとして先人が気を遣いおしゃれとして楽しんでいたようです。また、帯揚げは帯締めとのセットで利用することが多く帯を締める上で、この帯締め、帯揚げの色が合わないと着物全体がアンバランスに見えることさえあるのです。このように機能性とバランスを保つ上で使用するものこそが帯揚げなのです。そしてその帯揚げに鹿の子絞が使用されています。

鹿の子絞の小物でDIY

鹿の子絞はよく小さい子の着物に使用するイメージがありますが、それだけが代表作ではありません。それだけでなくリメイクすることもできます。たとえば子供の帯揚げを使い巾着を作ったり、がまぐちや玉かんざし等使える要素は本当に多岐にわたります。中途半端な短さの帯揚げは子供が成長してしまうと使えなくなります。そんなときは絞りを生かし、和装に使える小物を作ってあげれば成人式に持たせることもできるのです。絞には上品さもあります。それに朱色や桃色の色でも小物にすると、指し色となり和装しているときにすっと着物から見えると生えて綺麗に見えるのです。使い方は様々なので、帯揚げだけにとどまらず鹿の子絞を楽しんでほしいです。

タンスに眠っている宝の山

もともとは手間がかかる伝統工芸品ということもあり買取りしてくれる業者も少なくありません。絞りにより様々な種類があるため買取価格は変わります。中でも総絞りと着物に鹿の子絞が施される手法は高値で取引されており、綺麗な状態に保っていただければ価値が上がります。また買取比較のサイトもあるため、タンスに眠っている宝があれば一度査定に出していただくのもいいでしょう。眠っている着物は使わないのでもったいないです。また、買取していただいたお金で新たに着物を買うこともできます。娘から孫、ひ孫へと着物を渡すのもいいですが、買取をしてまた新しい着物を作り代々着物を持たせるというのもいい方法でしょう。

作品の使い方・着こなし

総絞りの着物はとても華やかで、着る方も身につけるとしゃんとした気持ちになります。絞り染めにはその絞り後として模様が浮き上がり、模様が全体に施されているものが総絞りといいます。よく、振袖に総絞りが見られますが、他にもあります。たとえば浴衣にも鹿の子絞りが施すことができます。さわやかな青い色で絞ればとても涼しい夏の着物になるのです。また、訪問着でも鹿の子絞りが技法として使用されます。絞って模様を出すため完成までの工程に手間暇がかかり、それなりの値段もやはりしますがそれでも身に着ける価値があるのです。ここぞという場面で着るといいでしょう。格式が高いといわれますが、訪問着でしたら気軽にお出かけする際に使用することができます。

鹿の子絞の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物