お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

丹後縮緬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

丹後縮緬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、丹後縮緬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

丹後縮緬について

丹後縮緬は、経糸に撚りがかかっていない生糸を用い、緯糸には1メートルにつき3000回程の撚りをかけた生糸を使って織り込んでいます。出来た生地は精錬することで糸が収縮するので、緯糸の撚りが戻って生地全体に細かい凹凸状のシボができます。こうして、ちりめんの代表と言われる丹後縮緬ができるわけです。ちりめんは、シボによってシワがよりにくくなっており、しなやかな風合いがあります。また、凹凸が光に乱反射するので、豊かな色合いと深みが醸し出されます。さらに、丹後の地においては、ちりめんの技術を使って、ポリエステルやレーヨンなどでも織物を作っています。また、織り方によって様々なタイプがあります。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

丹後縮緬の特徴について

変り無地ちりめんは、縮みの欠点を特殊な工夫を施した撚糸で補ったもので、縮みにくくシワになりません。一越ちりめんは、歴史が古く柔らかい肌触りが特徴です。古代ちりめんは、左撚りを2本、右撚りを2本と交互に織り込んだもので、古代の白生地に似ています。シボが大きいため、鬼シボちりめんとも言われています。紋綸子ちりめんは、綾織の表と裏を用いて紋を出しており、重目は付下げや訪問着等に使われ、軽目は襦袢地に使用されています。紋意匠ちりめんは、緯糸を2重にしており、地紋に深みを与えています。それ故、染め上がりに立体感があり、無地染等によく用いられます。
現在、製品は高価買取が行われています。

丹後縮緬の導入の経緯

当地において、初めて丹後縮緬が生産されたのは、現在の京丹後市と与謝郡においてです。享保5年に峰山に住む絹屋佐平次という人が、京都からちりめんの技術を習得して持ち帰りました。そして、その2年後には、加悦町の手米屋小右衛門ら3人が、同じく京都から織りの技術を導入したわけです。製造工程としては、先ず、製糸工場からカセの状態の生糸が送られます。それをボビンに巻き取るのが糸繰りです。これには熟練の技術が必要になります。そしてポイントとなる撚糸では、緯糸に撚りをかけるわけですが、丹後独特の八丁撚糸を使います。1メートルに3000〜4000回の撚りをかけてシボを作るわけです。
現在、製品は高価買取が行われています。

丹後縮緬の祖について

丹後ちりめんが、絹の風合いを活かした最高の織物になったのは、絹屋佐平治の存在があったわけですが、彼は京都西陣の機屋に奉公していました。其処で、糸繰りや糸口の仕掛け、そしてシボの作り方など秘伝の技術を学び取ったわけです。丹後に帰った佐平治は、ちりめんの技術の基を地元に根付かせ、以来彼は丹後縮緬の祖と仰がれています。佐平治の住んでいた町は、その後明治のはじめに織元と改正され、彼の功績を讃える碑も建てられました。佐平治の墓は峰山の常立寺に「森田治郎兵衛翁」として祀られています。現在でも、彼の業と徳を偲んで、多くの参詣客が訪れているということです。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

丹後地方では、絹織物は古くから生産されており、約1200年も前の奈良時代に丹後で織られた絹織物が聖武天皇に献上されています。その現物が今でも正倉院の中に残っているわけです。絹屋佐平治によって齎された「丹後ちりめん」の技術は、その後、瞬く間に丹後地方全体に広まりましたが、後に峰山藩と宮津藩で保護され地場産業として推進されることになりました。其処には、当地の気候が深く関与しており、冬の雪を伴う季節風や秋から冬にかけて吹く「うらにし」が、丹後ちりめんには適していたわけです。現在も、当地は絹織物の最大産地となっており、和装・洋装を問わず織物の品質の向上に努めています。
現在、製品は高価買取が行われています。

丹後縮緬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物