お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

長浜縮緬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

長浜縮緬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、長浜縮緬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

長浜縮緬について

浜縮緬とは、シボと呼ばれる凹凸のある表面が特徴の絹織物のことです。シボによって生地は美しい光沢と滑らかな肌触りとなり、加えて染色においても、しっかりとした色合いが出せます。浜縮緬は無地の縮緬として各地に出荷されており、主に着物に仕立てられて、その役割を果たしているわけです。そうした経緯は一般には馴染みが薄いものですが、実際、加賀友禅や京友禅にも使われており、最高級の品質を支えていると言えます。喩えて言うならば、浜ちりめんは絵画の上等なキャンバスのようなものです。ちなみに、浜縮緬は純生糸だけが使われており、一つの反物に要する繭の数は3000個に及びます。
現在、長浜縮緬の製品は高価買取が行なわれています。

作品の魅力

シボが長浜縮緬の特徴

織物とは、経糸と緯糸を交差させることにより、一枚の布に織り上げたものです。シボは強い撚りのかかった緯糸が、元の状態に戻ろうとする際に生じるコブのようなものです。それで、糸の太さや本数などを変えることで、様々な種類のシボを作ることが出来るわけです。その一例が、古い歴史のある「一越縮緬」や「古代ちりめん」、そして現在では「変わりちりめん」などがあります。その数は、これまで分かっているだけで30以上もあり、現在も新たなシボ作りを目指して開発が進んでいます。それでも、何万本という経糸と緯糸の組み合わせから作られるシボは、驚異的な労力の末生み出されるものです。
現在、長浜縮緬の製品は高価買取が行なわれています。

八丁撚糸の技法について

経糸及び緯糸を制作するのは機屋と呼ばれる業者ですが、緯糸に強い撚りをかける作業では、長浜独特の八丁撚糸の技法が用いられます。先ず、生糸を柔らかくする事が必要で、そのために熱湯で50分程炊きます。その後、乾燥させることになりますが、そのままの生糸に強い撚りをかけてしまうと切れやすくなるので、絶えず水をかけながらゆっくりと撚りをかけていきます。その強さは1メートル当たり2000〜3500回というもので、使用する水としては、伊吹山の雪解け水である地下水を使います。それは、一年を通じて温度が安定しているからで、水の成分にも殆ど変化がありません。
現在、長浜縮緬の製品は高価買取が行なわれています。

シボができるまでの過程

八兆撚糸によって織られた生地は「生機」と言いますが、精錬工場で煮沸されることになります。その際に、セリシンという成分が溶け出して、布自体は柔らかくなります。この時に、緯糸が緩むことでシボが出来るわけです。その後、繰り返し洗浄を施し乾燥させることで、生地はしなやかに変身することになります。此処では琵琶湖の軟水が大量に使用され、最適な状態の水を湖岸から1キロの地点、水深8メートルから汲み上げています。それは、軟水は塩類の含有量が少ないので、洗浄や染色に適しているからです。そして重要なのが、生地を洗浄した後に、その日のうちに乾かしてしまうことです。
現在、長浜縮緬の製品は高価買取が行なわれています。

作品の使い方・着こなし

当地域には、元々広大な桑畑が広がっており、養蚕業が盛んでした。織物が行なわれるようになったのは江戸時代中期だと言われており、彦根藩の手厚い保護を受けて発展しました。そして、時代を経る中で技術も磨かれ、浜縮緬が誕生することになります。此の織物は、当地の豊かな自然と水、そして適度な湿度に恵まれて育つことができたわけです。例えるなら、琵琶湖に沸き立つさざ波がシボになり、伊吹山の純白な雪がまっ更な織物になったと言えます。そうした事から、浜縮緬には自然の恵とともに、先人の築いてきた知恵の結晶が織り込まれていると考えることができます。現在、町全体で着物文化の振興が図られています。
現在、長浜縮緬の製品は高価買取が行なわれています。

長浜縮緬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物