お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

浜縮緬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

浜縮緬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、浜縮緬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

浜縮緬について

浜縮緬というのは滋賀県の産業で、長浜市を中心に生産されている生地を指します。
縮緬織りは鎌倉時代に中国からもたらされた技術で、それ以降全国に広まることになりました。
縮緬織りの中でも浜縮緬は江戸時代中期から織られるようになります。
その名前の由来は長浜で生産したためで、長浜の浜の一字を取ることで浜縮緬と呼ばれるようになったのです。

職人は元々農民でした。
農民が農閑期においてちりめんを織り始めたのです。
それから時代は明治に移り、産業化をすることで発展するようになりました。

浜縮緬の特徴はそのシワが高く、生地も重いことが特徴に挙げられます。
その風格は他の生地とは一線を画しているため、特に高級感を感じることができます。

作品の魅力

本加賀友禅 上田修壮 松取りに鶴梅牡丹

浜縮緬を生地として使った着物には様々なものがあります。
この逸品は本加賀友禅で染められた鮮やかなものとなります。

着物には柄が描かれるものですが、そこには生地の風合いも大きな影響を与えます。
普通の絹の生地では出すことの出来ない豊かな浜縮緬の質感が見るものを圧倒するのです。

松取りに鶴梅牡丹というのは図柄としてもめでたい印象を与えるものです。
豪奢でありつつ地色の黒で引き締められたこの着物は、着る人の品位を高めるでしょう。

こうした着物と言うのはとてつもない手間をかけて作られるものです。
一つの美術品なので、手放すときには専門業者へ買取を依頼しましょう。
素晴らしいものというのは適正な市場で生き残る必要があるのです。

一流染匠 菱健 花の丸(橘・菊・萩)

見た目にも鮮やかな黄色の地色に添えられた花々でデザインされたこの帯は素晴らしい逸品と言えます。
浜縮緬はこうした帯に使われる事も多い生地です。
遠めでは明るい現代的名風合いですが、近づいてみるとその独特のシワを見て取ることができます。

丁寧に刺繍され染められたこの帯の風合いは、やはり他の生地で表現できるようなものではありません。
黄色の慈愛というのはいろとしては強いのですが、それを打ち消さず調和するように添えられた花の色が暖かい印象を与えてくれます。

着物だけでなく、こうした帯も美術的な価値の高いものです。
やはり売られる場合は買取専門業者へと依頼しましょう。
買取されることで次の主人へと受け継ぐことができます。

本加賀友禅 茶谷孝志 清澄

非常に素晴らしい一品です。
儚い浅黄色の地色は生地の風合いも相まって今にも消えてしまいそうです。
そこへ描かれた草花がまた繊細で、日本的な美しさを醸し出しています。

寂しさと暖かさが同居したこの風合いは浜縮緬でしか出せないものでしょう。
また、草花の色がアクセントとなって単純な印象を抱かせません。
ゆるやかな枝振りのものや、直線的名ものもあります。
そしてその間を縫うように描かれた花の色の控えめな主張は穏やかです。

これこそ買取業者の手に渡るべきものと言えます。
美術品として買取られることで長い間この世に留まることができるでしょう。
もしこの作品を手に入れ、いつか売られる時には買取り業者に依頼して下さい。

作品の使い方・着こなし

浜縮緬は基本的に高級なものです。
そのため、普段使いはもちろん、特に訪問着として使用されるのが良いでしょう。
特にその美しさは非日常のものとも言えるほどなので、ここぞという場面で使うことをお勧めします。

しかし、大事にしすぎても箪笥の肥やしになってしまいます。
素晴らしい品だからといって大事にしすぎる恐れもありますので、むしろ積極的に着ようとするぐらいの心持で付き合うと丁度良いかもしれません。

こうした逸品を手放してしまうときには、専門の買取業者を利用するべきです。
現在では残念ながら美術品の価値と言うものを知らずに取引するところもあります。
後世に残すべきものというのはきちんとした市場へと放流するのが最も良い方法なのです。

浜縮緬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物