お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

銚子縮のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

銚子縮の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、銚子縮の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

銚子縮について

銚子には「銚子縮」という伝統のある織物がありますが、特徴としては、綿糸を用いて通常の何倍もの撚りをかけて、織り上げることにあります。工程は複雑で手間が借りますが、先ず、撚りが戻らないように糊で固めます。それを緯糸として、右撚りと左撚りの2種類の糸を交互に織り込みます。そして、織り上げた布を湯もみすることで糊を落とし、糸の撚りが戻るわけです。こうして出来た布は表面に緻密な凹凸ができ、独特な肌触りになり、木綿の丈夫さをも合わせ持った極上な織物になります。それから、染色に関しては、当所は天然藍によって先染めされていましたが、現在では型染めや絞染め等も合わせて施されるようになっています。製品は、現在、高価買取が行われています。

作品の魅力

銚子ちぢみ誕生の背景について

銚子縮が生まれた背景には、江戸時代のはじめに、現在の茨城県神栖市に住む漁師の妻が発案した波崎縮がありました。当地は、利根川の狭い部分を挟んだ対岸にあるので、古くから行き来があったわけです。そして、江戸時代中期には、銚子にも縮を作る機屋が軒を連ねるようになり、最盛期には40軒以上にもなりました。それでも需要は追いつかなかったので、漁業や農家の主婦が、家事の合間に行う「出機」も盛んに行われるようになりました。こうして、銚子一帯は一大織物産地の様相を呈するようになり、内職の数も100軒以上に達しました。「銚子縮」の名前は当地の織物問屋などが、全国に広めたことに由来し、製品は、現在、高価買取が行われています。

銚子ちぢみの移り変わり

銚子縮は、染色がしっかりしており、生地が丈夫である上に独特な風合いがあったため、江戸の粋人等に大変な人気がありました。それでも、明治の末期から昭和の初期にかけては、値段の高さや粗悪品の出回りによって、評判を落とすようになりました。そして、工場も無くなり、生産も殆どされなくなりました。けれども、昭和23年頃に、銚子の一人の製綿業者が商用で九州を訪れた際に、旅館の女将から銚子縮の織物を頼まれました。それが常世田真次郎で、彼ははるか遠隔地にまで銚子縮が知られていることに、感銘を受けたわけです。そして、八方手を尽くして、織り職人を探し出しました。製品は、現在、高価買取が行われています。

無形文化財・伝統工芸に指定

常世田は、研究調査を行い、従来では厚地だった織物を、薄地に改良し現代向けにしました。試作品を問屋の展示会に出したところ、大変評判が良かったので、昭和26年に設備導入を行って、本格的に銚子縮の復活に取り組みました。そして、昭和29年には、千葉県の無形文化財に指定されることになり、昭和59年には、千葉県伝統的工芸品に選定されました。平成8年になると、松岸町にあった旧店舗は全面改装され、「無形文化財 銚子ちぢみ伝統工芸館」として開設されました。館内では、「ちぢみ」の歴史や成り立ち等が学べるほか、貴重な資料となっている古い織物等の展示も行われています。銚子縮の製品は、現在、高価買取が行われています

作品の使い方・着こなし

漁業のまち、銚子に戦後間もなく復活した銚子縮は、特別な織り込み方法によって作られており、緻密な凹凸が形成されるのが特徴です。夏は涼しく、冬は暖かいものになっており、柔らかい肌触りは、他に類を見ない優れた特長だと言えます。また、何度洗っても縮んだりせず、しかも丈夫で長く持つので、広く庶民に親しまれる織物になったわけです。生地に独特な凹凸が形成されるのは、木綿糸だからこそ可能になると言えます。生糸では撚りをかけすぎるとすぐに切れてしまうわけで、木綿糸では大丈夫です。そして、左撚りと右撚りの2種類の緯糸を使うことにも秘訣があり、互いに反発する性質を活かしているわけです。銚子縮は手間暇をかけて作られるので、高価買取されています。

銚子縮の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物