お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

越前墨流し染のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

越前墨流し染の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、越前墨流し染の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

越前墨流し染について

墨流し染とは、水面に墨汁や顔料を落としてその水面の波紋の模様を布に写し取る染め方です。そのなかでも、特に福井県の武糸(たけふし)市が産地のものを越前墨流し染(えちぜんすみながしぞめ)といいます。この墨流し染は、井戸水を張った水面に筆先から落とした墨で模様を作ります。水面の表面張力で広がった模様を写し取るこの方法によって作られる布は、2つと同じ染め物は出来ません。ですので、一つ一つの墨流し染作品に個性があり、すべて異なる味、価値をもちます。ちなみに、染めの色数は1色の他には、3色を使う「三色染め」もあります。これは、3本の筆で模様を作ります。柄には、主に「正流」「横流し」「縦流し」「渦巻き」などの種類があります。

作品の魅力

上品な柄によく使われる「越前墨流し染」

この墨流し染は上品なお召ものに使われる事が多いです。とくに福井の墨流し染は波紋状の模様が特徴ですが、一枚一枚が異なるこの染めの着物は「作品」としての価値があるものが多いです。しかしながら、この生地の麻は通気性には優れているけれども色落ちがしやすく、皺にもなりやすいです。なのでどうしても、手入れをこまめにする必要があります。でなければ、すぐに色落ちしてしまったり、シミが残ったりしてしまうからです。このように、価値が高いためにすこし厄介な着物でもあります。けれど、もし貴方の周りに着物を着用する方がいない場合は買取サービスを利用する手があります。専門の方に一度見てもらうといいでしょう。

「越前墨流し」の歴史

墨流しの技術が始まったのは、飛鳥時代(西暦592〜701年)の推古天皇の頃でした。その頃の墨染めは貴族の間で遊びとして流行していたそうです。とはいえ、着物の布を染めるわけではなく和紙を写し染めていたそうです。そして、有名な「越前墨流し」が始まったのは、西暦1151年です。大和の国に住んでいた治左衛門という人物が奈良の春日大社で神のお告げを受けて、製法を授かって、その製法にかなう綺麗な水を求めて越前の場所に定住したそうです。その製法を広場家が55代にわたり伝えており、豊臣秀吉にも認められ明治維新までは代々の藩主が保護してきました。布地に染めるようになったのは、明治時代にはいってからです。

福井県の文化財でもある越前墨流し染

治左衛門が越前墨流し染をはじめ、この技術の保持者として明治34年に認定されています。また、代々続いて昭和59年には広場美治が、61年には山田幸一が、平成12年に福田忠雄が認定されました。福井県の無形文化財とまで指定されている墨流しをつかうので、越前墨流し染は国内でも名が知れた存在なのです。水に墨(黒なので、「苦労」)を流すといわれ、縁起を担ぐ事でも知られています。やはり1000年以上の歴史を持つ墨流しの技法な格が高く、名古屋帯と合わせて小紋として着たり、袋帯と合わせて訪問着としても着用ができます。正絹に浮かぶ墨の模様は美しく、高貴で気品のある着物はどんなシーンにもぴったりと合います。

作品の使い方・着こなし

このように、すべてが1点ものの越前墨流し染は作品としての価値がとても高いです。格が高いため、帯との合わせ方によっては普段着にも特別な時にも着用が出来ます。しかし、やはりお手入れが大変なので着なくなったりするとタンスの肥やしになるのが普通です。今までいくら大切にしていた着物でも、着なくなってしまっては意味がありません。そこで、着物買取サービスがお手頃です。買取の専門家であれば、一点ものの越前墨流し染にも適切な価値を見いだす事が出来ます。また、買取の市場にのせれば、大切な着物も丁寧に扱われ誰かに着られることになり「着物」としての役割を再び果たすことができます。福井の有名作家の一点ものの着物は高価に買取がなされるでしょう。

越前墨流し染の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物