お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

羽二重のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

羽二重の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、羽二重の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

羽二重について

羽二重の技術研究が始まったのは、「5箇条の御誓文」を考案した由利公正が欧州から絹織物を持ち帰ったことに由来します。彼は福井在住の有志に製品を見せて、日本の新たな絹織物の考案を依頼したわけです。福井は昼と夜の乾湿の差が一年を通じて小さいので、絹織物を製織するにはうってつけの場所でした。明治20年頃までには、一通り技術の基礎が出来上がり、輸出もされるようになりました。そして、大正の初めから半ばにかけては、国内の輸出料の6割を占めるようになったわけです。即ち、此のことは、名実ともに世界最大の生産地になったことを意味します。羽二重の名前は、筬の一羽に経糸を2本通した事に由来し、通常は平織りです。
製品は、高価買取が行われています。

作品の魅力

由利公正の果たした役割

福井の羽二重は、緯糸を水で濡らしながら織っていくため、地合いが引き締まり、コシが強く丈夫になります。それでいて表面は滑らかになり、極上の肌触りになるわけです。福井羽二重は、胴裏や羽裏、比翼地や長襦袢等で国内に広まっており、昨今では雑貨や美術の工芸品にも使われています。
元々、福井での絹織物が始まったのは、慶長6年に松平秀康が越前入りする前からで、既に光絹や玉袖などの製品がありました。秀康はそれを北荘袖に改良させ、公儀献上品にもなりました。その流れを受けて、明治になってから由利公正が欧州の羽二重の模紡の研究を依頼することになったと言えます。
現在、製品は高値買取が行われています。

京都への伝習生の派遣

当時の絹産業の中心は京都市でしたが、明治5年に織物の伝習生を3名フランスに派遣しています。彼らはバッタン機の技術を習得して帰国し、京都二条河原に織物工場を開設して公開伝授を始めました。その経緯を福井の酒井功が知り、京都への伝習生の派遣を実現させました。それと同時に、染色技術習得のため、京都府染色伝習所にも人材が送り込まれます。これが、福井県の染色加工業の端緒になったわけです。当時、既に桐生、足利地方では羽二重が製織され輸出も行われていました。それでも、注文に応じきれないほど活況を呈していたので、新しい産地として白羽の矢が立ったのが、当県であったわけです。
製品は、現在、高値買取が行われています。

外国人バイヤーの存在

日本の羽二重に目をつけたのは外国人のバイヤーで、彼らは安価で大量供給可能な新興の生産地を探していました。その情報を福井の機業者が生糸商人から聞きつけることになったわけです。もともと羽二重は、明治10年代のなかばに群馬県の桐生産品に横浜の外国人バイヤーが目をつけたものですが、彼らはより安価で大量生産が可能な新興産地を探していました。そうした情報が生糸商人からもたらされ、福井の機業家たちは桐生からの製織の技術の導入を図ることになります。森山芳平に師事した高力直寛は、地元において講習会を開き、此れが福井における羽二重製織の最初になりました。
製品は、現在、高値買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

森山芳平は、少年期から父親に就いて機業に従事していましたが、岩倉使節団が持ち帰った織物の質の高さに驚いたわけです。それを機に織物の改良に熱心に取り組むことになり、染色技術の向上にも努めました。明治10年に開催された内国勧業博集会では、出品されたジャガード機を購入して、紋織りの試作に挑みました。同時に、前橋に設立された医学校では、小山健三から科学染織技術の授業を受けました。明治19年には、桐生織物講習所を開設して、染織技術の普及に努めたわけです。それ以前に共進会の審査官になっていた彼は、織物技術の向上を図りながら、羽二重製品の輸出にも力を入れ、世界博覧会にも出展することになります。
製品は、現在、高値買取が行われています。

羽二重の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物