お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

片貝木綿のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

片貝木綿の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、片貝木綿の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

片貝木綿について

普段着物として、飾らない風合いが人気の木綿ですが、ちょっと品が下がるといったイメージを持たれている方も多いでしょう。しかし片貝木綿は美しさも追求し、「用の美」を持つ織物として大変人気です。織の作りだす凹凸によってべとつかず、さらりとした肌触りが魅力の一つです。多湿な日本には大変マッチしています。生産地である片貝町は片貝まつりの正四尺玉でも有名で、まさに夏祭りの土地。片貝木綿で仕立てられた浴衣なども、かわいらしく、そこはかとない品もあり、一般的な木綿織物とは一線を画しています。これはもともとあった片貝の木綿織物に関する素地の上に成り立ったムーブメントであり、昭和20年代に盛り上がった民芸運動の一環でした。

作品の魅力

片貝木綿の歴史的背景

片貝町は新潟県小千谷市にあり、この土地で作られる木綿織物は250年以上の歴史を持っています。宝暦元年西暦1751年に、今は小千谷市片貝となっている越後浅原の荘片貝にて、松井仁助氏が藍染めを行いました。この松井仁助氏が片貝木綿で知られる「紺仁工房」の初代となります。それから現在までにはすでに十一代。雪深い越後の厳しい気候風土が培う辛抱強さと緻密さによって、伝統の技は育てられ、受け継がれてきました。この木綿織物は実用的な物として長きにわたり人々の生活に密着していました。高値で取引されるも、木綿織物の域を脱していませんでした。しかし昭和20年代にひとつののムーブメントが起こります。

民芸運動が生んだ片貝木綿

日本を代表する思想家であり美学者、宗教哲学者であった柳宗悦氏が推し進めた民芸運動です。これは日本におけるごく日常の中に息づいている手仕事によって作られた日用品に「美」を融合させ、「用の美」を追求する運動です。片貝の木綿織物はまさに柳宗悦氏の描く民芸運動の趣旨に合致していました。宗悦氏が行う指導によって、「用の美」を持った木綿織物へと生まれ変わったのです。「紺仁工房」で作られたそれは、実用性と美しさを併せ持つ片貝木綿として世の中に注目されるようになります。250年の歴史の上に「モダン」な感覚が生かされた木綿織物。独特の風合いを持つ希少な織物となりました。木綿織物の中でも特に高値で買取されるものです。

「紺仁工房」で作られる片貝木綿の特徴

実用性に富む木綿織物の特徴をそのままに、美しさを追求するためには、単糸使いの特徴を持たせることが必要でした。経糸、緯糸共に単糸使いです。その上で太さの違う3種類の経糸が使われています。規則的に配置されることで、表面に凹凸あ生みだされ、立体的です。身につけた時に肌に触れるのが太い糸で作られた凸面。それによってさらっとした肌触りを感じさせます。仕事で発汗しても、また湿気の多い季節においても変わらない着心地の快適さは、片貝木綿の最大の特徴となりました。一つのブランドとして確立し、買取の現場において他の一般的な木綿織物よりも更に高い評価を得ています。古いものにも独特の味わいが感じられます。

作品の使い方・着こなし

化繊がもてはやされた時代にも生き残った背景には、実用性の追求で培われた着心地の良さと、他の木綿織物にはないモダンなデザインがあります。色柄が数百種類と多く、それぞれの使用者がお気に入りを見つけられるというのも、人気を得続けている理由です。帯なども好きな帯に合わせて反物を選ぶことが出来ます。さりげない素材の中にセンスが光る組み合わせが良いでしょう。使えば使うほど柔らかくなり、独特の肌触りが生まれてきます。身につけることで一般的な実用品は買取でも「劣化」と判断されますが、紺仁工房の場合には「風合いの良さ」として買取されるケースが見られます。保存状態で左右されますが、思いがけない高額査定で買取になる可能性もあります。

片貝木綿の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物