お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

館山唐桟のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

館山唐桟の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、館山唐桟の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

館山唐桟について

まず日本での唐桟の歴史は、インドのサントメから輸入したものを最初と見ることができるようです。産地名と外国からの品、全般に「唐」をつけたことから「唐」「桟留(さんとめ)」→「唐桟(とうざん)」となりました。細い木綿糸を緻密な平織り(縦糸と横糸が交互に並ぶ織り方)の縞柄の織物を言います。
館山唐桟は、千葉県館山市での唐桟織りの作品のことを指します。明治期から受け継がれている、伝統のある自然素材と手織りの織物です。千葉県無形文化財に指定されており、一子相伝の大変貴重な生地で、現在は齊藤 裕司さんただひとりの手によって織られています。
機械織りも存在している唐桟ですが、手織りの目の詰んだ上質な肌当たりは、着るほどに馴染みが出ます。

作品の魅力

一子相伝は民藝運動から

館山での創始者、齊藤茂助氏は武士として江戸時代を生き、明治維新に武士の失業が相次いだ時期に職業斡旋所であった「東京授産所」にて、川越唐桟の職人から技術を教わりました。(川越唐桟は手織り、機械織り共に現存しています。)明治23年に館山へ工房を移したことをきっかけに、館山唐桟の歴史が始まりました。
2代目の豊吉氏の時代、柳宗悦(やなぎむねよし)氏の目にとまります。日本の日用品が持つ機能美に注目した「民藝運動」で知られている柳氏に認められ、一気に世に知られるものとなりました。人気女優、「山田五十鈴」の着用した美しい縞柄は「五十鈴縞」と呼ばれています。
豊吉氏は昭和29年に千葉県無形文化財に指定されました。

現在の名工の、手仕事

現在は4代目の齊藤 裕司氏によって技術が受け継がれています。その作品作りの工程は、糸を染める作業から始まります。
染料は自然の植物からとったものを使います。「藍」からはデニムでおなじみのブルーが、加減を変えて染められます。藍一つから、何色ものブルーが生まれます。「ヤマモモの皮」からもベージュが生まれます。いずれも、染料の具合は味で判断されるそうです。計量はせず、口に入れたときの渋みで色を判断する、と言う、感覚での仕事のため、タバコは厳禁、作業の10日まえからはお酒も控えるそうです。
そうして染められた糸を更に調整し、手織りしています。
色糸を縦、横に様々に組み合わせた縞は130種類にもなります。

粋な江戸っ子の普段着

江戸時代に「倹約」を強いられた江戸っ子は、国産の木綿の唐桟を粋に着こなしました。歴史に磨かれた館山唐桟の縞には、色合わせによって名前が付いているものがあります。「胡麻」、「目光」、「文化」など、名づけ方もしゃれています。
新たに手織りの館山唐桟を手に入れようと思うと、2年以上待たなくてはならないそうですが、呉服店などでは既に納入されている反物が見つかるかも知れません。買取をしている業者であれば、仕立てたものが中古で見つかる可能性もあります。
本物の手織り館山唐桟を手に入れたい、という場合、専門店で探すのがベストです。また、館山唐桟を手放す、買取ってもらう場合も同様のことが言えます。

作品の使い方・着こなし

高価な手織りの品とは言え、木綿の平織りは普段着と位置づけられています。しかし江戸の粋な着こなしは、今の若い感覚に共鳴するところがあります。粋でおしゃれなもの、かっこいい普段着として最高です。正装としては使えませんが、知っている方からは「通」なイメージを持たれるでしょう。
館山唐桟の本物は、手織りの大変高価な品です。もし手放すのであれば、買取も価値を理解してもらえる専門店に依頼するべきです。中古だから、古いからと安易に考えず、呉服専門店に買取ってもらいましょう。
作品にとっても、持ち主にとっても、着る方にとっても幸せなのは、その価値を認められることです。
また買取業者は販売も手がけます。価格も手頃に、本物と出会えるかも知れません。

館山唐桟の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物