お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

十日町お召のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

十日町お召の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、十日町お召の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

十日町お召について

お召とは、糸を精練し先染めしてから織り上げる先染織物です。徳川11代将軍家斉の頃、西陣で織る縞縮緬がつくられ、これを将軍がお召しになったことに由来します。それが各地に波及し、その代表的な産地が十日町です。普段着として用いられる着物では、紬よりも上等とされ織の着物では最上級のとされています。中でも十日町お召は、日本の着物の歴史に一時代を築いた名品です。十日町お召の特徴は、染めと織りを高い技術と伝統、さらには新しい感覚を取り入れて作り出されたものです。雪国十日町の半年間の積雪で自生する麻を雪に晒して製織した麻布は雪の恩恵・越後上布として珍重されたのが始まりで、その後絹織物に転換して高級織物となっていったという歴史があります。

作品の魅力

大ヒット商品「マジョリカお召」

十日町の織物は、それまでは伝統的なお召、小絣、縫取縮緬などが主流でしたが、「マジョリカお召」が新風を巻き起こします。「マジョリカお召」は昭和34年から4年間の渡って生産された、十日町お召の新興商品です。横糸をかすり捺染して紋様の上に載せるという斬新なアイディアで、洋風の柄と銀通しのきらびやかなお召です。地中海・スペイン領のマジョリカ島特産の陶器の柄をモチーフにつくられたといわれています。このマジョリカお召の爆発的なヒットによって、産地十日町は大きく発展していったのです。また、たったの4年間しか生産されなかったので、現在でも希少・貴重品として買取業者でも高値で取引されています。

伝統製法の高級品「縞(しま)お召」

十日町お召の中でも最も古くからの伝統的な製法のひとつが「縞(しま)お召」です。お召の元祖とも言われる「縞(しま)お召」は、数ある縞の着物の中でも、最も格調が高い逸品であるといわれており最高級品のお召です。二色以上の色糸を丁寧に縞に整形して、左右に強い撚り(より)をかけた横糸で織り上げるという製法でつくられます。さりげない彩りの中に伝統の重みが感じられる意匠で、素朴でありながらも荘厳な趣の中に、お洒落で粋な個性を醸し出したお召ものです。着物好きな女性一度は着てみたい「縞(しま)お召」は、お稽古着や訪問着、外出着として重宝されています。
買取価格も、十日町お召の中でも最も高い値段がついています。

ノスタルジックな「絣(かすり)お召」

「絣(かすり)お召」は、縦糸と横糸とを部分的に手でくくり防染して絣柄を織り上げるという製法でつくられるものです。お召の代表的な柄である「矢絣」柄は、元来、矢羽をモチーフにしているもので、それは大正ロマンを彷彿させるノスタルジックな印象と、また新鮮さをも兼ね備えたお召です。卒業式の袴に合わせる着物として定番になっているのも、その美しさと新鮮さゆえです。
その昔は、紫・白の配色が基本でしたが、現在ではそれ以外の色使いも豊富なバリエーションがあります。
ちなみに「矢絣お召」は、花嫁が嫁ぎ先から戻ることがないようにと昔から縁起物として、お嫁入りの荷物の中に入れられたという言い伝えもあります。

作品の使い方・着こなし

普段着の着物として重宝される、十日町お召は、カジュアルなものからビジター向けや、茶の湯の場に相応しいものまで様々ですので着こなし方も使い方に合わせてということになります。着物の着こなしは袖で決まるといわれます、十日町お召の美しさの特徴である袖を美しく着こなすことが上手な着こなし方と言えます。
現在では十日町の着物は、振袖、留袖、訪問着、付下といった後染めの製品が約80%となり、伝統の十日町お召はさらに貴重品となっています。
IT化の進んだ現在では買取方法も、ネットで選んで査定して買取るという方法が主流になりつつあります。その中でも十日町お召は、全国各地の着物の中でも、高額査定・買取される商品のひとつとなっています。

十日町お召の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物