お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

越後上布のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

越後上布の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、越後上布の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

越後上布について

越後上布の歴史はとても古く、現在残っているもので最も古いものは奈良県東大寺の正倉院に保存されているもので、日本の「宝物」の一つです。このことから、越後上布は1200年以上も前から塩沢地方で生産されていたことが分かり、江戸時代になると当地の様子が「北越雪譜」の中に詳細に描かれています。当著作は、塩沢織の先駆者となった鈴木牧之が著したもので、雪国の生活と共に続いてきた越後上布の生産の様子が見て取れます。現在においては、原料となる苧麻(ちょま)の生産量が少なくなっているため、後継者不足と合わせて、「幻の布」となりつつあります。それ故、製作された時代にかかわらず、関連作品等は高価買取が行われています。

作品の魅力

越後上布と小千谷縮について

越後上布の特徴は、原料となる苧麻の茎の靭皮繊維を細かく裂いて糸にしたものを使うことにありますが、薄くても強くて質の高い布に仕上げるためには、上質な細い糸づくりが欠かせないわけです。一方、糸が細くなればなるほど、撚糸・染色・製織といった全ての工程が難しくなります。それを如何に調和させて、一つの布とするかが、越後上布の高い技術力にかかっていたと言えます。江戸時代には、年間20〜30万反ほど生産され買取されていましたが、現在では80反ほどになってしまいました。越後上布を使った製品をオンラインショップで購入することが出来、記念館では、塩沢織などを体験することが出来ます。また、作品等の高価買取も行われています。

技術保存会の設立について

新潟県の魚沼地方では、高い湿度のある雪国独特の自然環境や風土が、麻織物の生産に適していました。その為、古より農閑期の冬の仕事として代々受け継がれてきたわけです。その質の高さは折り紙つきで、朝廷や将軍家への献上品としても、盛んに用いられていました。そして、早い時期に幕府御用達に指定されるようになると、一挙に当地方の一大産業に発展することになりました。明治時代には繊維産業は生糸の時代に入り、近代工業化とともに輸出産業の柱となりました。その為、麻織物は生産量が激減し、消滅の危機に面することになったわけです。そこで伝統を守るため、小千谷と塩沢の地によって、「技術保存会」が設立されました。

ユネスコの無形文化財に登録

そして、昭和30年には国の重要無形文化財の総合指定、第一号になることができたわけです。以降、技術保存会では越後上布そして小千谷縮の技術の伝承に努めており、平成21年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されました。これは、日本の染織技術としては初めてのことになります。越後上布や小千谷縮が評価されたのは、その希少性と洗練された技術によるものですが、実際、織り上がった布は蒸し暑い季節にも最高の着け心地となります。原料となる苧麻は、現在は主として福島県昭和村で栽培されています。それはかつて上杉家が会津に移封したことに起因しており、良質な苧麻の植生が越後から会津へ移ったわけです。製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

越後上布と小千谷縮の原料となる苧麻は、現在は主として福島県昭和村で栽培されています。それは、かつて上杉家が会津に移封したことに起因しており、良質な苧麻の植生が越後から会津へ移ったわけです。糸の原料となる青苧は、成長した苧麻を刈り取った後、清水に数時間浸してから作ります。苧麻の肉質をそぎ落とし、繊維だけになったものを乾燥させたものが青苧です。これを糸にする「手うみ」では、水で柔らかくした青苧を爪で細かく裂いてから、糸先を撚り合わせて繋いでいきます。この段階で均一にならないと、撚りが溜まったりして切れやすくなります。慣れた人でも、一日に5〜6グラムしか作れないので一反分を作るには約一年を要します。製品は高買取が行われています。

越後上布の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物