お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

塩沢お召のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

      2016/03/16

着物買取りのタイトル

塩沢お召の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、塩沢お召の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

塩沢お召について

塩沢お召しとは本塩沢の愛称です。新潟県南魚沼市で織られる絹織物で、「越後上布」の「シボ」の風合いを絹織物に反映させたいという試みから生まれました。昭和51年西暦1976年には、経済産業大臣指定伝統的工芸品となりました。新潟はもともと織物が大変盛んな地域で、その歴史は奈良時代にまでさかのぼります。麻織物は正倉院にも宝物として保存されています。1200年前に献上された越後上布で作られた袋物です。上杉家が統治していた安土桃山時代に越後上布の原料となる苧麻の生産を奨励しました。全国的に人気を高め、上越の特産品となりました。根気のいる製法も、雪に閉ざされる期間が長いこの土地に住む人々の性質に、大変マッチしていました。

作品の魅力

塩沢お召は特産品となる背景

しかし徳川の時代になって、義を重んじる上杉家は徳川と折り合いが悪くなり、配置換えになってしまいます。越後から会津にうつった上杉家とともに、福島県昭和村で苧麻の生産が盛んの行われるようになりました。塩沢はこの昭和村から一山越えたところに位置しています。もともと織物が盛んであった塩沢は、越後上布の風合いを絹織物に生かすべく研究を重ね、塩沢お召の製法を確立しました。後上布は多湿でシャキッリとする特徴があり、上級武士の裃に重宝がられていました。そこに高級感があり繊細な模様が施せる塩沢お召は、さらに人気を高めることになります。古いものには古いなかに新しい味わいがあり、買取でもかなりの高額査定が出ています。

塩沢お召の特徴とブランド

塩沢お召は、絹縮が前身です。湯の中で揉んでだすことで「シボ」が作られ、これが独特に風合いを肌触りを作り出しています。生糸を使い、強い撚りをかけた横糸の強撚子で織った後、湯もみによって「シボ」が作られます。文様は緻密な絣模様。十字絣、亀甲絣などが良く用いられていますが、細かい創作も可能なのことから、絣文様にこだわらない情緒的な文様も見られます。上品で優雅な雰囲気が、魅力です。市場に出回る数が少なく、年数を重ねるごとに違った魅力が出てくることから、買取でも大変な人気です。今では10社程度しか工房が残っていません。中でもやまだ織や林宗平工房は色合いなどに特徴があり、特に注目されています。

これから先も人気が衰えない塩沢お召

今では10社程度になり、やまだ織や林宗平工房などがブランドとして高い評価を得ています。しかし昭和54年ごろまでは、盛んな産業の一つでした。安価な量産物や化繊などがもてはやされるようになったことで、このような伝統を重んじる技術力によって作り出される織物は、衰退してゆきました。ですから今でも市場に出る数は限られています。特に帯などは、希少なものとし認識されています。薄手でありながら丈夫で、また身体のラインにしっくりなじむ塩沢お召の風合いは、年月を経ても、きちんと手入れをしていれば劣化がありません。匠の技を駆使した高級品ですので、大切の保管している品も多く、古いものは、買取で高額に取引きされる傾向です。

作品の使い方・着こなし

保存状態によって買取の査定も違ってきますが、深刻な後継者問題もあって、これから先は塩沢お召の市場での数が大きく増えることはありません。名匠と言われる人々は、みな高齢です。そのためひとつひとつが大変貴重です。新しいものでも流通は限られてています。「こんなものでは売れないだろう」と判断せずに、専門家に見てもらうべきでしょう。また塩沢お召の帯は特に希少で、それだけでも貴重ですが、それに合う着物とのセットとなれば、更に買取で高い評価を得ます。バラバラに査定してもらうよりも、セットで持ち込むのがおすすめです。生産量と愛好家のバランスは年々愛好家に厳しいものになっています。価格の上昇傾向は、これから先も落ち込むことがないでしょう。

塩沢お召の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物