お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

本塩沢のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

本塩沢の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、本塩沢の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

本塩沢について

本塩沢は新潟県の南魚沼市で織られている絹織物です。愛称は塩沢お召し。もともと特産品をつく、それを交易することに長けていた藩主上杉家が上杉景勝の時代に片腕であった直江兼続の発案で、苧麻の栽培を推し進めました。これが今でも特産として有名な越後上布の材料です。当時も藩の名産品になり、おしゃれな京や大阪の人々に大変人気となりました。江戸時代になると、上杉家は徳川家との折り合いで、越後から会津へ国替えを余儀なくされます。苧麻の栽培は昭和村で行われるようになり、ひと山越えた塩沢に、技術と一緒に交易されるようになりました。この技術を絹織物に反映させて作られたのが、本塩沢や塩沢紬です。その技が、今に伝わっているのです。

作品の魅力

特徴と塩沢紬の違いと作品

、「越後上布」のもつ「シボ」の味わいを絹織物で出せないかと作られたという点では本塩沢と塩沢紬は同じです。絹縮が前身です。塩沢には四種類の織物があり、 上記3つのほかに「夏塩沢」があります。どちらも「塩沢」の名称で呼ばれることが多く、 「越後上布」は麻で作られていますので明らかに違うものですが、「塩沢」とひとくくりに呼ばれることも良く見られます。しかしこの二つは全く異なるものです。本塩沢は御召、塩沢紬は紬と呼ばれるもの。塩沢紬は紬糸が使われ、経糸に生糸、緯糸が真綿の紬糸です。本塩沢は経糸の緯糸も生糸のお召し糸が使われ、作品も明らかに違います。買取の現場では希少性が重んじられます。

作品にみられる価値と理由

本塩沢の風合は「シャリ感」という言葉で表わされます。これがどのようなものであるのか言葉にするのはとても難しく、実際に触ってみると「シャリ感」がぴったりだということが理解されます。先に糊を落としてから絣柄が付けられるのが本塩沢の特徴であり、これが触ったり揉んだりするとシャリシャリをおとあ出るような風合いを生んでいます。生地は滑り過ぎず、張りがあり、単衣であっても着崩れすることなく身体のラインにしっくりとなじみます。 新潟でも塩沢地方は特に雪が多い地方です。冬も長く、この生活で培われた根気と忍耐力が、本塩沢の制作工程には不可欠要素であり、作家は「それを持つ人」ということになります。買取りでも大変高値です。

本塩沢で高値になる工房

制作工程が撚糸に始まり、図案の設計に絣作り、整経から手織りや湯揉みといった経緯があってようやく完成します。どの工程も手抜きが出来ません。それぞれの工程に匠の存在があります。そのため作家物として世の中で有名になるということよりも、工房名がブランド化しているといった方がよいでしょう。やまだ織や林宗平工房などが有名で、そこで作られた本塩沢は、希少性とともに、さらに工房の信頼性によって買取りの現場でも高額が付けられます。最盛期であった昭和54年ごろには工房数も多かったのですが、この時期を境に減少し、今では10社しかありません。着物もさることながら、帯はさらに希少で、買取りではかなり高額となり得ます。

作品の使い方・着こなし

塩沢紬よりもさらに繊細で情緒的な文様や柄を施すことが可能ですので、色合いも豊富で、帯などもかなり幅広いマッチングを楽しむことができます。ちょっと派手かなと感じるような帯や帯紐でも、不思議と渋く決まります。そのため若い人は若い人なりに、年を経た人はまた違った味わいを表すことが出来ます。塩沢の帯で合わせるのも素敵ですが、その他に相性が良いとされているのが博多織の帯です。はっきりとして斬新な博多織の文様が、伝統的な織物との組み合わせによって、モダンな雰囲気に仕上がります。買取では合わせやすい帯や帯紐、帯止めとかとセットで鑑定されると、さらに高値が期待できます。単品よりもセットで検討するのがオススメです。

本塩沢の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物