お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

信州紬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

信州紬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、信州紬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

信州紬について

日本の奥深い地方や離れ島にそれぞれ自然を生かした織物が沢山あります。中でも長野県(信州)は山間部の為昔から農業と兼業で養蚕を奨励し織物も盛んでした。信州紬は原材料の種類も豊富で草木を使って染め、糸紡ぎ方や織方で数種類の紬があります。信州紬には上田紬、飯田紬、山繭紬などが有名です。信州紬は越後(新潟県)と並ぶ紬の宝庫です。信州紬は真綿紬に当たります。タテ糸に真綿の手紬糸、生糸、玉糸、山繭糸のいずれかを使用しヨコ糸に玉糸の真綿手紬糸を手投げて織り上げた物です。信州紬の糸えのこだわりは強くて、柄のバリエーションも豊富です。信州紬の着心地は驚く程軽くしなやかです。また暖かくて汚れにくいのも特徴です。汚れも草木染めの為裏も使えます。

作品の魅力

上田紬の歴史、特徴、魅力

江戸時代以前に真田家が上田に築城した際の真田織が発祥と言われています。上田の風土が蚕種(蚕の卵)養蚕に適して良質な紬糸の原料となり上田紬が生まれました。打ち込みがしっかりしていて表地一枚に対して三枚裏地を取り替えても痛まないという三裏紬としても名高いです。着心地も良く着るほどに身体に馴染みます。吸放湿性の高さには絹ならでは味わいがあります。江戸時代から大島紬、結城紬と並ぶ三大紬として有名です。井原西鶴の(日本永大蔵)に記述されたり、喜多川歌麿の美人画には反物が描かれてそのおしゃれと粋さでは庶民の憧れの紬でした。色合いも素晴らしく柄は伝統の技法を生かした縞と格子です。現在では絣系の柄も多くなっています。

飯田紬の歴史、特徴、魅力

飯田紬は飯田格子と言われる絹織物です。もともとは飯田地方で自家用に織られた物が発祥です。江戸時代には紅色に染められた飯田紬が京都で人気になりました。1616年に薄い絹織物の富田絹として売り出されて評判になりました。大正期には機械織の導入により様々な織物が販売されました。着物離れの現在では、手織り物と白生地のみです。手織りの非常に手間のかかる紬はその希少価値からも高く評価されています。後継者不足から中古きもの市場では高い買取価格になっています。手織りにはタテ糸を絶妙に緩めた軽くしなやかな真綿の良さを生かした物もあります。着込む程、結城紬のような味わいになります。草木染めでしかだせない深い色合いです。

山繭紬の歴史、特徴、魅力

天蚕(てんさん)という野生の蚕が作り出した糸で織り上げた紬です。天蚕はクヌギ、ナラなどの葉っぱを食べて繭を作り黄緑色の美しい物です。天蚕は飼育が非常に難しく現在では、長野県の穂高町が一番の生産地です。普通年に3から5回程収穫される所、天蚕は年に多くて2回しか収穫出来ず珍重されるゆえんです。明治の10年代に中国から柞蚕(さくさん)の輸入により家蚕として飼育されました。この家蚕糸と混ぜた織物を山繭紬というようになりました。天蚕の糸の光沢は一般の絹織物より倍以上放つと言われています。織り上げた物は軽くて暖かい特徴があります。糸の強さも親の代から孫まで着られる天蚕三代と言われる程です。買取価格も高いです。

作品の使い方・着こなし

紬は昔、日常着として着用されていました。今では買取価格も高く高価な和装になりましたが、正式な場所では着用できません。結婚式、入学式などは無理ですが、おしゃれなアイテムとしては格があります。また紬は湿気に強いので天気を選びません。着心地も良く独特のシャリ感はまとわりつかずシワも気になりません。色合いは洋服感覚でお好きな柄と顔に映える物が無難です。合わせる帯は、金糸銀糸の入っていないしゃれ袋帯、織りの名古屋帯、袋名古屋帯などがあります。紬はシンプルな色合いなので色柄が多少派手目の帯も素敵です。紬は買取価格も高く取り扱い店も多いので普段の取り扱いには注意をして下さい。証紙が買取価格にも反映されます。

信州紬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物