お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

黄八丈のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

黄八丈の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、黄八丈の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

黄八丈について

黄八丈というのは、古くから八丈島に伝わっている草木染めの絹織物のことで、日本三大紬のひとつに数えられています。八丈島に自生している植物の煮汁を使い、黄色、鳶色、黒に染めた糸を、平織り、または綾織りに織って、縞模様や格子模様を作った生地です。ごくまれに無地の物も染められることがありますが、地の黄色がムラになりやすいので市場にはほとんど出回ることがないことでも有名です。
江戸時代には将軍家の御用品としても献上されたことがあり、1977年に国の伝統的工芸品に指定されており、1986年には山下めゆ氏が東京都の無形文化財にも指定されているといいます。
買取のお店でもとても貴重な反物なので、しっかりと査定をしてもらえるところ探します。

作品の魅力

東京都の無形文化財でもある貴重な反物

山下さんの黄八丈には、皇居の御養蚕所で飼育されているという、日本古来の原蚕種である小石丸の姉妹品種である新小石丸の絹糸が使用されています。黄八丈の中でも最高級品といわれており、他の黄八丈に比べても、生地はしなやかで上品な光沢があるということで有名です。また、色も淡くてやわらかな山吹色になっており、年間に数十反しか織られないという、日本で最も手に入りにくい織物のひとつだといわれています。とても貴重な反物になるので、この反物を使った着物などは、買取でも査定では高額を出してもらえることが多いです。長く愛用していたものでも、きちんと保存をしっかりとしているものなら、多少金額が下がっても買い取ってもらえます。

無地になっているものは珍しい

黄八丈は貴重な織物であるので、買取のお店で査定をしてもらうときは、必ずきちんとした鑑定士の方がいるところを選んで持ち込むようにしておきます。
黄色を主体とした黄八丈のほかにも、黒色を主体とした黒八丈、鳶色を主体とした鳶八丈などもあります。鳶八丈は別名、茶八丈ともよばれています。柄は縞模様や格子模様が多く、無地のものはあまり見かけることがないです。無地の黄八丈も作られていはいますが、無地のものは地の黄色がムラになりやすいということで、あまり市場に出回ることがない品物だといわれています。
この反物を使った作品には着物が多く、買取に持ち込まれることはとても珍しいので、貴重なものとして扱われます。

八丈島以外にも生産されている

黄八丈と呼ばれているものは、実は八丈島以外でも生産されています。
秋田県で作られているものは秋田、八丈島で生産されるものを本場、とつけて呼んで区別することもあります。本場以外で作られる品物が偽物というわけではないです。ですが、査定額にはどうしても差が出てしまうことも多いので、もし売却するというときには出来るだけ品物のことを詳しく伝えて、鑑定士の方にお願いするようにしておきます。
この八丈島で作られるこの絹織物は、天然素材であり、その強固な染めと織は、孫や曾孫の代まで色褪せないと言われているほどです。大切に取り扱っていれば代々伝えていくことができるので、保存をしっかりとしておくことで買取をしてもらえます。

作品の使い方・着こなし

黄八丈の反物を使った着物は上品で、着てみるとわかる糸の良さがわかります。
その着物には、赤い帯や浅葱色などのはっきりとした色、それとは逆に少し淡い色を使って着こなすのも素敵です。ただし、赤い帯だと派手でなかなか着こなすのが難しいという場合もあります。なので、水色系の帯などを選ぶようにするといいです。
その着物を生かすことができる和装小物を選ぶことも大切です。少し寒い時期などは黒の長羽織を使うのもいいかもしれないです。
色のコーディネートはもちろん、着物は生地同士の相性などもあるので、必ず一度あわせてから着るようにしておくといいです。季節に合わせて小物や帯を変えることで、素敵な着こなしをすることができるすばらしい着物です。

黄八丈の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物