お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

掛川葛布のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

掛川葛布の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、掛川葛布の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

掛川葛布について

葛布は、葛の繊維を紡いで作られる糸で作られた織物です。静岡県掛川市とその周辺で古くから作られ、日本各地に葛布はありますが、経糸に木綿、麻、絹などを用いて緯糸には撚りを掛けないといった平糸で織られることが掛川葛布の特徴です。江戸時代中期に書かれた和漢三才図絵に、芭蕉布や晒布と共に掛川名産であったことが書かれています。昔はごく一般的に服に用いられたり、上流階級の喪服に用いられていました。今では襖張りや壁張りなどのほか、本の表装や装丁に使われることがほとんど。丈夫で水に強いといった特徴が、生かされています。風合いも肌触りも味わい深い織物で、小物に使われることも多く見られます。希少になった着物は、買取でよい査定が付く傾向です。

作品の魅力

掛川葛布が親しまれた背景

葛布は掛川葛布に限らず、山野に自然に生えている葛の靱皮繊維を加工して織った布です。この歴史は大変古く、鎌倉時代には乗馬の時に使う袴地の素材になっていました。しかしこの時点では、ブランディングはなされていませんでした。葛は北海道から九州ま、日本各地に広く自生しています。葛布は各地で作られていたのです。しかし 泰平の江戸時代になると藩の財政を支えるために、特産品を作って江戸や大坂の大都市に売り込むということがメジャーになっていました。掛川葛布もまた藩主が特産品として推し進めたことがブランド誕生の背景にありました。丈夫で水に強いことから、裃や袴、道中合羽などに用いられ、重宝されていました。

掛川葛布の衰退の危機と復活

それだけ広く生活に浸透していた掛川葛布でしたが、明治の時代になって、掛川葛布の大きな消費階級の武家が没落する中で、なくなりかけてしまいました。しかしその特徴が大いにメリットとなる襖地にも用いられることで、また評判を得ました。大量に消費するので、材料の葛苧は韓国産のものを輸入することで賄っていました。昭和40年以降、韓国は禁輸措置を行い、原料が手に入りにくくなったことから、葛布自体が衰退の一途をたどります。民芸品程度に残されているだけになりました。しかしもともと高級品であり高値で取引されていた掛川葛布の関しては、着物や着物の小物として未だ人気があります。今でも買取では良い査定が付きやすいものです。

掛川葛布の他にない特徴

同じ葛布でも2種類の織物があります。葛の繊維だけを使って織っているものや、絹や木綿を経糸に使っているものです。葛の繊維だけで作られたものは庶民の作業着(野良着)といった普段使いの物に使われ、経糸に絹や木綿を用いたものは、羽織や袴といった晴れ着に珍重されました。 掛川で作られる葛布は、経糸に絹や木綿を用いたものです。葛だけで作られた葛布にはない優美があり、同じく高級品であった絹や麻とも違うシブさと強さ、落ち着きある風合いと光沢の美しさも魅力です。丈夫さと優雅さから、今では草履や和装バックのほか、ストールやシャツ、帽子などの小物も多くの種類が作られています。着物は大変希少で、高値での買取が期待できます。

作品の使い方・着こなし

10年経って、渋みや風合いの味が深まっても、色合いなどが劣化しないと言われています。そのため買取では古くてもきれいな着物がごく稀に出てきます。愛好者は多くても現存している絶対数が少ないのですから、なかなか出回りません。出てきた時にはすぐに購入希望者が現れるようなものです。今作られている小物の中でも、和装バックや草履は新しくても比較的高額査定が買取で付きやすいものです。夏大島などとの組み合わせも素敵です。上布の着物に掛川葛布の名古屋帯といったコーディネートも上品です。民芸運動を推し進めた一人柳崇悦氏が御光の布とまで言った光沢を、充分に生かせるようなコーディネートがおすすめです。着物に比べて帯は少々数がありますが、希少です。

掛川葛布の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物