お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

三河木綿のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

三河木綿の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、三河木綿の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

三河木綿について

三河木綿(みかわもめん)とは、愛知県の三河地方が地産の木綿です。生地が厚くて丈夫な小幅白木綿なのが特徴です。帯芯や、のれん、半纏などに用いられます。国産木綿の発祥といわれる三河木綿は、ぷっくりとした凹凸があって、耐久性、耐火性や保湿性、吸湿性に優れていて、色々な場面で親しまれてきました。軽くて丈夫で、肌触りもいい為、今も昔も人気の木綿です。着物に使うだけでもなく、バックの素材にされたり作業着や道着などに使われるほどです。しかしやはり、素材から滲み出る粋な雰囲気は反物から着物をつくるとより表れます。三河木綿の着物はやはり、その歴史が表すように丈夫で着心地が良く、古くからみんなに親しまれてきました。

作品の魅力

三河木綿の長い歴史を知る

縄文時代の末期から、弥生時代にかけての話です。温暖であった愛媛の三河地方は葛や山桑、大麻や山藤などの野生樹木を使用した衣料が一般的でした。弥生のころに、絹が植生繊維が伝来したのちにいち早く生産が始まりましたが、一般庶民の衣服としては流行らなかったのです。苧麻の伝来によって、発展もしましたが、室町時代の末期までは地方独特の質の良い葛をつかった織物が庶民の衣服の中心でした。とくに江戸時代に入ると、絹を着る事が難しくなったせいで、よりいっそう木綿衣料を着るようになったのです。このように、三河地方では木綿という素材が古くから一般庶民たちに親しまれてきました。これが、今の木綿の地位を支えています。

現在の木綿の発展に触れる

三河木綿として、今のわたしたちが知るような木綿がうまれた歴史は15世紀中頃からです。中国の明が朝鮮を通して綿種を輸出してきました。その際、中部地方で綿種の栽培方法が三河地方にいち早く伝わったために多くの生産がなされ商品化されました。国産木綿が初めて文献に表れたのは永生7年の「永生年中記」に「三川木綿」として記されています。三河産の木綿はすでに世に商品という形ででまわっていたのです。他の文献にも多くの記述があり、三河の木綿産業は日本の中でも一番最初に定着して発展したそうです。江戸時代には、木綿をつくる行程が分業されて、機業組織化しました。そのおかげもあり、木綿産業はより栄える事になりました。

ブランドとしての「三河木綿」

国産木綿最古の三河木綿は、着物としてとても人気です。現在でも、廃れることなく多くの木綿を生産している愛媛では、技術をより新しくしてよりよい木綿作りをされています。現在の成人身長に合わせて反物を作るため、広幅の織り機を使ってい生産所もあります。真夏以外であれば、ほぼ一年中身につける事が出来るため、どんな人にも好んで着用されています。生地がしっかりしているけれど、厚すぎず、これこそが木綿だと感じられるような着物です。明治時代には「三河木綿」「三河縞」というブランドとして全国に知られるようになったこの木綿は、普段着によく使えるため、多くの家庭の箪笥の中に一着や二着あってもおかしくありません。

作品の使い方・着こなし

どんなに着心地の良い木綿でも、歴史が長く伝統があったとしても、箪笥の肥やしとなっているのでは意味がありません。家族の中で誰も着ないのであれば買取サービスを利用するのも一つの手です。木綿の着物であれば、家庭内で洗うなどが出来ますが、毎季節ごとに風を通すなど扱いが面倒くさく、ないがしろにされがちです。ですが、買取を利用すると着物の本来の価値がわかるに加えて買取サービスを利用している誰かの元に大切な着物が届いて活用して貰う事が出来ます。日本の着物文化への貢献にもなります。大切な着物を「買取」に出す事はどこか、もったいない気もしますが、ただ箪笥の中にしまっている方が買取サービスを利用するよりもよっぽどもったいないです。

三河木綿の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物