お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

有松・鳴海絞のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

有松・鳴海絞の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、有松・鳴海絞の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

有松・鳴海絞について

日本伝統の染物の一つに有松・鳴海絞というものがあります。
これはその名前のまま「有松地域、鳴海地域での絞り染め」を意味しています。

聞きなれない有松・鳴海絞ですが、これは江戸時代から始まり日本の絞り染め製品のほとんどを担うようになりました。
木綿を藍色に染めたものが多いのですが、現在では様々な色合いのものも存在します。

元々は治安維持のための集落として有松地域に集落を作ったのが始まりです。
ここで染物産業が興るようになり、やがて日本を代表する染物製品の産地となったのです。
有松・鳴海絞はかつて有松と鳴海に分かれて商売を競っていましたが、現在では争いも無く商売をしています。

どれも見事な製品なので高級品として扱われています。

作品の魅力

本間とめ子作 手蜘蛛絞り

本間とめ子氏は90代で作品を作り続けている有松・鳴海絞の代表的な作家さんです。
手蜘蛛絞りという、本間氏にしかできない絞り染めを作り続けていらっしゃいます。

絞り染めの魅力と言うのは千変万化するパターンにあるのですが、手蜘蛛絞りでは特徴的なものを見ることができます。
ウスバカゲロウのようにも花火のようにも見える繊細な柄は見ていて飽きないものです。

こういった作品は量産品には無い価値を持ちます。
手放すときには買取について考えるべきです。
価値を鑑定するにはもちろん専門買取業者に依頼すると良いでしょう。
こうして買取されたものは次のオーナーの手へ渡ることができ、作品は長い間行き続けることができるのです。

久留米絣 反物 花がさね 杢灰

有松・鳴海絞は紺色が主体ですが、この作品は黒と白を基調としています。
やわらかな風合いの灰色の地色の中に、これまたやわらかい大粒の花柄が描かれています。
一目見ただけでその可愛らしさに惹かれてしまいます。

こういった変化、工夫を凝らすことができることも有松・鳴海絞の特徴と言えるでしょう。
近年では学生とのコラボレーションも行われることもあり、柔軟に現代で成長を続けています。
この久留米絣 反物 花がさね 杢灰はそういった現代性を取り入れた優れたデザインとなっています。
もちろん、こうした作品も手放すときは買取専門業者に依頼するべきです。
骨董以外には価値が無いと思われがちですが、新しいものでも十分に価値はあります。

2015 有松鳴海絞りゆかた 旗あつめ

こちらも新作となりますが、その奇抜で楽しいデザインには目を惹かれます。
国々の旗をモチーフとした「旗あつめ」というデザインとなります。

まるでパッチワークのようにも見え、ポップな風合いを持ちながら日本的な繊細さを併せ持つ面白い印象を受けます。
こうした作品を見ると有松・鳴海絞というのは工夫の余地が多くあるものだと思わせてくれます。

高給な反物や着物と言うのは作家さんあってのものです。
骨董ではお金は骨董商に入るだけですが、新作のものは職人さんの手へと渡ります。
そしてこうした優れた作品は買取専門業者へと買取をしてもらいましょう。
優れた作品が時代を超えて残ることは誰にとっても嬉しいものだからです。

作品の使い方・着こなし

有松・鳴海絞は多くの製品を作り上げています。
そのため、その利用範囲は広範なものとなります。
最近では新製品の開発にも積極的に取り組んでいるので、様々な衣類に活用されています。

ですが、何と言っても一番映える着こなしは和装でしょう。
絞り染めのデザインが最も自然に見える形なので、しっくりくるものです。
普段、伝統工芸に触れていなくても何か日本人の根底に流れる感性へと訴えかけるものがあるのです。
和装を見て「何かいいわねー」といった印象を受けるのは私たちが日本人だからかもしれません。

こうした作品は長く使われ続けるべきものなので、買取業者を利用することが良い選択となります。
価値の分かる市場の中へ作品を渡すと、長く使われる事でしょう。

有松・鳴海絞の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物