お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

所沢絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

所沢絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、所沢絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

所沢絣について

所沢の織物の起源は明らかになっていませんが、資料によれば当地での自給自足で織られていたものが次第に副業化するようになり、鎌倉時代には商品化されるようになったとあります。残っている記録によれば、1441年に青梅の市場で青梅縞として取引されています。青梅縞は、以降、次第に現在の入間や狭山、そして所沢あたりに広まることになりました。現在の狭山湖の湖底には、かつて勝楽村があり、山口村全域が織物の生産地になっていたわけです。農業の副業的生産が増加することで、産地として独立することが出来たと言えます。織物の取引は商業や文化の中心となっていた江戸に近い所沢で行われるようになりました。現在、製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

所沢絣の起源について

青梅絣はその後、1844年頃からは所沢織物の名前で知られることなり、それが所沢絣の基礎になったと言えます。それから、錦糸商や染料商等の織り物関連の店が次々に開業することになり、明治時代から昭和にかけて、当地は織物の街として栄えることになりました。そうした中で、木綿紺絣である所沢絣は庶民の作業着として高い人気を博するようになったわけです。そして、大正時代には、湖月縮という新しい織物が作られるようにもなりました。江戸時代の文化年間に、現在の所沢市の西部から旧多摩郡の村山地方にかけて、木綿絣が織られるようになりました。当時は、村山絣と呼ばれており、所沢絣になりました。
現在、製品は高価買取が行われています。

所沢絣の地場産業化について

機業家は機織り技術や製品の品質の向上に努め続け、売上もうなぎのぼりに上がっていきました。そして、織物が当地の地場産業となったわけですが、大正時代に入ると、世の中の趣味や嗜好が変わってきたため、絣の需要が落ち込んできました。加えて、昭和初期に起こった金融恐慌の影響を受け、価格が大暴落することになります。当時においても、生産体制は家内工業を主体としており、量産体制にも乗り遅れることになったわけです。その結果、廃業する機業家が相次ぎ、生産自体も激減することになりました。さらに、所沢飛行場や山口貯水場の建設のために労働力が流出し、機織り業の衰退に輪をかけたわけです。現在、製品は高価買取が行われています。

所沢絣の経緯について

貯水池建設に伴う機業家等の移転は、殆どの場合は廃業に追い込むことになって、事実上、所沢絣の生産は途絶えてしまいました。現在残されている資料には、着物や博覧会の入賞メダル、絣の柄行資料などがあり、個人所蔵のものとして極めて貴重なものです。また、制作用具一式も残っており、原料糸から反物を織り上げるまでの工程が、全部網羅されています。所沢絣の商標は「所沢飛白」となっていますが、それは紺地に白く抜かれた模様が、中国の書体の一つである「飛白体」に似ていたためです。最盛期の明治39年頃には年間の生産量が120万反に及んでおり、東北や北陸地方を中心にして全国に出荷されました。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

村山絣だったものが所沢にも伝わってきたのは、婚姻などを通してですが、元々、多角経営の農家が多かったことが発達した背景にあると言えます。稲作に限らず、サツマイモやお茶が栽培されており、蚕を飼って生糸も生産していました。自宅で織った綿布や絹布は現金を得る手段にもなったわけです。所沢絣の模様には、明治30年頃は中・大柄の幾何学模様が主流となっていましたが、その中でも代表的なものは「マルマメ」等があります。いずれも大衆着に使われており、幼児や少年、そして若い女性向きとして親しまれました。素材としての所沢絣の特徴は一本絣にあり、経糸の本数が少なめで、緯糸を太くして厚みと密度を補っています。製品は、高価買取が行われています。

所沢絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物