お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

秩父銘仙のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

秩父銘仙の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、秩父銘仙の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

秩父銘仙について

山間部で稲作には不向きな土地柄から、養蚕が盛んだった埼玉県の秩父では、規格外の繭から作った安価な太織の野良着が人気となり、女性に好まれる美しい柄を織った事が始まりです。
明治41年には坂本宗太郎発案のほぐし捺染で特許を取得します。
元はお武家さんの子女が愛好したシャレ柄の秩父銘仙は、明治から昭和初期にかけて良質な製品が生産されていて、着物買取でも人気です。
でも、世界的な経済の悪化のよる物不足、物価の高騰など、大きな社会変化にはダイレクトに影響されやすい事が衰退の一因でした。
ファッションデザインとして現代の視点で見てもオシャレな生地が徐々に減少し、大量生産の安い着物へ庶民の支持が移った事が銘仙が失われた一番の原因となっています。

作品の魅力

銘仙人気の火付け役は三越が仕掛け人だった

秩父銘仙がその名を有名にするきっかけは、明治30年頃、東京三越の販売戦略によるものとなっています。
明治20年頃に、めいせんの名前で販売されていたものを、明治30年頃には関東を中心とする各生産地の逸品を集める意味合いから東京三越が銘品を撰ぶ、その字をあてて銘撰としたのが最初となっています。
この後、秩父銘仙ならではの、ほぐし捺染で鮮やかでファッショナブルな色柄を量産、主に元武家の子女から支持を多く集め、大正時代には人気の職業だったカフェーの女給や、工場の女工たちのファッションが大きな牽引の役を果たし、一般大衆へと人気が広がりました。
銘撰は銘仙と変化して秩父銘仙の評価は上がり、買取においても高く扱われます。

秩父銘仙の人気はプチプライスで

秩父銘仙の魅力を知る事ができる資料館、ちちぶ銘仙館は、銘仙が誕生した頃からの歴史の流れを知る事ができる貴重な施設となっています。
資料によれば秩父銘仙はその地域の産業として大切な役割があり、最盛期には地域住民の8割が着物関連の仕事をしていた記録があります。
前述のように秩父銘仙の人気は東京の大きな店の販売戦略でも高まりましたが、それ以前からの秩父の着物の行商人の力がとても大きかったという事が、資料館の記録からも伝わってきます。
お金持ちを相手にする着物と違って、銘仙は一般の人も手が届くオシャレ着として多くの女性の魅力を飾っていて、美しい柄から子供のおもちゃ柄まで、広く楽しまれた事が柄からもわかります。

銘仙のデザインは時代に左右されない人気

銘仙は着物の買取でとても高値になるものがありますが、その理由として、柄が現在のファッションセンスから考えても魅力がある所や、ハギレになってもアートなオブジェとして人気が高い事など、着物としてだけでなく、そのデザインセンスそのものが高く評価されています。着こなし自慢のオシャレ上級者にとって、さりげなくあしらう銘仙の着物生地は、たとえ着られない大きさになっているハギレであっても利用価値が高く、細く縫い直して半襟や髪飾り、袋物へと形を変化させて身につけて満足します。この流行は時代が新しくなっても変わることが無く、デザインの良さを生かしたコーディネートを自分なりにアレンジできる点で不変の魅力となっています。

作品の使い方・着こなし

ファッション誌や若者が集まる町なかの古着店、また、古い町並みの骨董店や歴史的な寺社の境内で開かれる骨董市など、秩父銘仙の魅力が発揮できるスポットはたくさんあります。着物買取でも高額になる柄や色合いの秩父銘仙を着こなすコツは、小物を今のファッションでちりばめて、着物を引き立てるように着る事がおススメです。着こなしの上級者は色のコーディネートに工夫をする事が多く、反対色や同系色でまとめるのも面白い着方ができます。着物買取でも自分の顔や髪の色を考えて探すと、意外な魅力を演出できるので、着られる着物が増える面白さが手に入ります。作家として販売されている物が無い反面、着る人の個性が存分に発揮できるのが大きな魅力です。

秩父銘仙の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物