お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

石下紬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

石下紬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、石下紬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

石下紬について

石下紬とは、茨城県常総地方で生産される紬です。茨城県の織物といえば、結城紬がものすごく有名ですが、石下紬は結城紬の姉妹品として、結城紬の影響を受けながら発達してきました。この紬の特徴は、夏用の着尺地で、他の織物よりも軽くて着崩れしにくいのが特徴です。また、絣に大きな特徴があり、着物の買取相場などは絣の細かさによってきまると言われていますが、石下紬は絣がものすごく細かく、種類も豊富なので工芸的な価値と買取相場は非常に高いです。材料は、もともとは木綿や、絹と綿の混合でしたが、和服が日常の衣服でなくなっていくと同時に、消費者の高級志向によって完全絹製の高級品が求められるようになり、100%絹の織物が織られるようになりました。

作品の魅力

石下紬の種類その1 平織

平織は、三種類もの糸を巧みに用いておられています。

一つ目の糸は、真綿手紡糸という糸です。この糸は、真綿を手紡機によって引き出して作った糸です。真綿とは、製糸の際に糸にすることができなかった屑繭を用いて作られるリサイクル製品のようなものです。厳選された美しい繭や生糸とは違い、肌触りにおいて糸に細かな節がたくさんついているため、素朴な感じが作品に出ます。

二つ目は、生糸。厳選された、滑らかな絹糸のことです。

三つ目は、玉糸です。玉糸は、二匹の蚕で一つの繭をつくった玉繭と呼ばれるものから作った糸で、これは長くて節のある糸です。

この三つを組み合わせて作られており、価値が高いので買取相場も跳ね上がります。

石下紬の種類その2 縮織

縮織の原料の糸は平織りの場合と同じ三種類ですが、縮織ではそれぞれの種類の横糸に、右撚りと左撚りの強い撚りを加えて、交互に編み込んでいったものです。織りあげたものをお湯に入れてもむことで横糸が縮むため、ちり緬のような雰囲気が出ます。平織の織物にあるつるっとした感じよりも、さらっとした感じが好評を博しています。

もとは平織が中心だったのですが、女性用の和服に縮織が多く用いられるようになった昭和初期から中期ごろに石下紬の生産の大部分を占めるようになりました。もっとも、今日のように余所行きとしての和服では平織が好まれるために占有率は低くなりました。

買取業者は、縮の絣の数やさらっとした感じを見て値をつけます。

石下紬の代表的な製作所

常総市内には石下紬の製作所がいくつもあり、それぞれに個性的なブランドがありますが、その中でも特に有名なのが、明治40年創業の奥順株式会社というところで作られている、「はたおり娘」というブランドです。

「はたおり娘」は、真綿の糸をものすごい高密度で織り上げています。通常、真綿の糸の扱いはとても難しいのですが、この製作所では長年の経験を活かして織っています。また、図柄が豊富かつ安価であるであるという点も親しまれている一つの要因です。美しい織物は複雑に織られており値段も高いのですが、この織物は模様が豊富に用意されており、効率化した生産法で、値段が安く抑えられています。

買取業者は細かさにも目をつけています。

作品の使い方・着こなし

石下結城紬の多くが夏ものの織物です。主な着こなしとしては、季節によって合わせる帯などを変えることです。また、合わせる小物を季節によって変えることで、その季節に合った色を演出することも可能です。また、着物や織物を購入したときには、使う前に製作過程でつけられた糊を落としたりするなどの作業を行うことによって、一生使うことができるようになります。
また、紬の着物は洗い張りといって、定期的に洗うことで、洗えば洗うほどに美しさを増すことがあります。これは、もともと付いていた糊を落とすと同時に、表面のけばだっている部分も落とすことができるので、さらに着物にしなやかさや光沢が出て、着物が美しさを増していくのです。

石下紬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物