お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

結城紬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

結城紬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、結城紬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

結城紬について

その名の通り、結城で織られた紬です。
厳密には、茨城県結城市、栃木県小山市や下野市付近で織られているの紬が結城紬と名乗れると言われています。買取業者に出す際には反物の端布があれば確認できますので便利でしょう。
結城紬は紬の中でもツートップ中の片方だと思います。それくらい有名であり、貴重であり、高価な紬です。

重要無形文化財にも指定されています。
「使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたものとし強撚糸を使用しないこと」
「絣模様を付ける場合は手くびりによること」
「地機で織ること」
上記3つの条件を満たしているものが重要無形文化財となります。
条件を満たしていないものも重要無形文化財にはなれませんが、結城紬であることには違いありません。

作品の魅力

重要無形文化財に指定されるもの

「使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたものとし強撚糸を使用しないこと」
真綿とは蚕の繭を煮た物を引き伸ばして綿にした物です。綿と言っているのでコットンのことかと誤解されがちですが、シルクです。シルクですが昔は生糸にできないくず糸からできていたようです。
強撚糸ではないため、強度はありませんが、その分、とても軽い布に仕上がります。

「絣模様を付ける場合は手くびりによること」
染めたくない部分を糸でくくって防染するわけですが、それを手作業で行います。一反分の糸をくくるのです。とてつもない労力と時間が掛かります。

「地機で織ること」
地機とは居坐機(いざりばた)のことです。床に直接座り織る昔ながらの織機です。

結城紬の証紙 「結」印

証明するために証紙があります。
通常、反物の端にラベルの形でつけられています。ある程度高価な反物でしたら端布は取っておいてあるのではないでしょうか。買取業者に査定してもらう際は一助になると思いますので探してみてください。
そんな証紙ですが、ラベルはいくつか貼られています。文字を一文字で表したラベルがあります。
「結」の文字のラベルがあります。
本場結城紬卸商協同組合が厳重な検査に合格した商品にのみ認めたマークです。
証紙はあるだけで品質保証になりますが、一時期似たような証紙も出回ったそうです。(偽ブランド品と同じですね)
買取をお考えでしたら、そういったこともあると覚えておいてください。

結城紬の証紙 「紬」印

「結」印に対して「紬」印のラベルがあります。
こちらは本場結城紬卸商協同組合の検査に合格しなかったものと考えて差し障りないかと思います。
合格しなかったものではありますが、結城紬には間違いありません。偽物ではありません。本物です。
一概には言えないのですが、居坐機で織られたものが「結」印、高機で織られたものが「紬」印と見る見方もあります。「紬」印の物でも結城地方で織られた紬ですから結城紬ではあります。
ただ、高機で織られているので本場結城紬卸商協同組合の検査に出せない紬であるというだけです。特性ある軽さは同じです。
高機で織られているため、「結」印のものよりお求めやすいのが嬉しい点です。

作品の使い方・着こなし

「結城三代」という言葉があります。
洗い張りを繰り返し、孫子の時代まで持つ丈夫な織物だそうです。孫の時代でやっと、着心地が良くなってくるとも言われます。
紬はどう頑張っても普段着にしかなれません。最近は紬の訪問着などが作られてはいますが、あくまでも紬は日常着の域を出ない着物です。
それなのに反物を織る過程で膨大な手間暇がかかっているので、高価格になるのはやむをえません。一般的な訪問着などよりよっぽど高価なものもあります。

買取をお考えの際には、着物の価値を良く理解して、適正な査定をしてくれる買取業者が当然ですけれどもいいでしょう。しかしながら、着物の需要の低さを考えれば、思わぬ買取査定になるかもしれません。

結城紬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物